PCM2706+TDA1543基板の助っ人
 PCM1798sub基板

TDA1543 なかなか宜しいのですが、これ一枚で全てこなすには

ちょっと ヘビーじゃないか ?

と言うわけで、 PCM1798版の小亀基板を作りました。   オリジナルは こちら


軽くクラッシク音楽など流すにはちょうど良い、
切り替えて、TDA1543x2版と試聴もできる 等々
なかなか 楽しいです。


PCM1798版 sub基板


手前の黒い箱(MAU108)が ±12VのDCDC電源です。
これで、オペアンプの電源を供給できます。


参考:PCM1798版sub回路図

↑ ダブルクリックで拡大


仕掛けは、JP224による切替ですが TDA1543とPCM1798版を
切り替えできます。 こうして聴くと、TDA1543 も捨てたもんでは無い ?


PCM1798版 小亀を載せた状態



PCM1798版は、調整は要りませんが TDA1543側(マスタ側)は
調整が必要です。  まずは、小亀無しの状態で 調整してから
PCM1798版を載せれば OKです。

PCM1798を載せた状態では、マスタ基板側の出力が、JP224 で
切替可能です。 (PCM1798基盤側は変わりません)




    ご注意 : TDA1543の出力は、約1V、 PCM1798 は、約2.1V ですので
           6dB程度の出力差があります。



< Menu >

<Home>


(c)2017 mi-take