真空管AMP コーナー

 ヒーター電圧が 25Vの球が手に入ったので それを使ったアンプを作って見ましょう。
 ヒーターが25Vですから 4本使えば ちょうど 100Vになりますので ヒーター分を浮かした
小型電源トランス式のPowアンプが出来ます。 ヒーター電力もバカになりません。
小型のトランスで 0.5W〜2.0Wを目指します ・ ・ ・ 


1. TR+25F5S 3結シングルのアンプ  (こちら
  ・ 電圧増幅にトランジスタ使用
  ・ 3結にして NFBを掛けます
  ・ 真空管を 3本使用のステレオアンプ

2. 25C5+25C5S シングルのアンプ  (こちら
  ・ 100Vx4の 25VAトランスを使用
  ・ シングル方式で電圧増幅にも 25C5
  ・ ケースはプラスチック製で加工を簡単に
  ・ 電源整流用に50DC4のヒーター50V管2本使用

3. オペアンプ+25C5PP プッシュプルのアンプ  (こちら
  ・ PP方式で位相反転は オペアンプ方式
  ・ 3極管接続、5極管接続の両方検討
  ・ 真空管を 6本使用使用のステレオアンプ

4. TR式パワーアンプのシャーシー・電源トランスを使う (こちら
  ・ プッシュプル方式
  ・ 位相反転に平衡型ラインドライバ使用
  ・ TR式アンプのシャーシと電源トランスを流用

5. 6C33B シングル パワー アンプ  ( こちら ) new
  ・涼しくなったので再開しました
  ・初段を 5-3極管SRPPが使えるように切り替えSWを追加
  ・基板を作って US-8 と MT-9pin の真空管が共存 ? です


真空管は 売店 で扱ってます。 こちら
基板&キットは 25F5s ヤフオクにて発売中 ・ ・ ・

■ 真空管データ ■■
25C5こちら
25F5こちら
50DC4こちら
6C33こちら
■■■■■■■■■■■■■■
 


TR増幅 + 25F5s  3結方式


電圧増幅にTRを用いて出力管を25F5としてみました。
( 25F5の場合、ヒータ電流が0.15A なので 50DC4と
同じですので、25V+25V+50V=100V となります。
トランス容量で 15VA 節約できます )

整流方式は、半波整流で整流管 1本使用の計3本。

最初は、5結の電圧増幅段無しとしたのですが さすがに
ゲインが足りなかったので、TRの電圧増幅段を追加。
回路は、これでもかというほど シンプルに。
初段は TR 1石自己バイアス方式とします。

最終型



TR増幅+25F5s 3結方式の実験機


意外と基板の使い回しができます。
真空管の初段の位置にトランジスタを半田付けしてます。


回路図

ダブルクリックで拡大


今度は、5結ではトータルゲインが高すぎて安定して NFBを
かける事が難しいので、3結のみとした方が 良さそうです。
最大出力は 3結/5結とも 0.5W/5% です。

Gainは、3結で
NFB有り Gain= 12.7dB (500mV/116mV)
NFB無し Gain= 22.8dB (500mV/36.4mV)
でした。 約6dBのNFBです。

(ちなみに5結のNFB無しゲインは30.4dBです)


3極管接続 in - out (1kHz)


3極管接続 f 特 (0dB=500mV/8Ω)


3結の場合、低域が伸びます。
100Hzで、-3dBなので使用NFBを施せば使用に耐えそうです
トランスは オリエントトランスを使用しています。


負荷インピーダンス特性

負荷インピーダンスを変えたときの特性です。
5KΩが良さそうです。





<参考>

5結時 non-NFB時の周波数特性


5結は高域は問題無いのですが 200Hzで -3dBです。
NFBが安定して掛けられないので 諦めです。
( 5結non-NFB時の裸ゲイン=30.1dB )

出力トランスは、トーエイの T600Z(オリエント) です。

--------------------------------------------------


<参考>

トランスのコア材をオリエント(T600Z)からハイライト(T600)に
変えても 特性的には変化が少ないように見えます。
(3結時のデーターです)

in-out 特性 (1kHz) (ハイライトトランス)


500mV時 f特 (ハイライトトランス)


しかし 問題は低域での出力波形です。
ハイライトトランスは 20Hzで出力300mVでも歪みます。






低域の事を考えると T600シリーズは、
オリエントコアのトランスが良さそうです。



<追加データ>


◆ チョークコイルを追加する ◆

10H60mAのチョークコイルを Bラインの220Ωの
代わりに入れると 小出力時の歪みが減ります。


チョークコイル例



チョークコイル追加データ例





 
基板設計キット

基板1枚でまとまりそうですので
1枚ものを 検討・設計してみましょう。


回路案 (改訂版)

ダブルクリックで拡大


基板案

どうやら 100x100 サイズで収まりそうです。



アンプ基板 完成




10pX10p の基板に組み込みました。 ヤフオクに
このキットを 出品 致しますので ご利用下さい。


キット例





完成例

使用したトランスは TOEI の T600Z と Z01E です。



詳細は説明書を参照下さい。 こちら です


TOEI のトランス いつの間にか値上りしてますね〜
30%位 高くなったでしょうか

でも、「基板キット + トランス」
諭吉一枚で なんとかなりそうです。




<追加データ>


◆ チョークコイルを追加する ◆

10H60mAのチョークコイルを Bラインの220Ωの
代わりに入れると 小出力時の歪みが減ります。


チョークコイル例



チョークコイル追加データ例











25C5 x4 + 50DC4 x2 アンプ



電圧増幅段にも出力管を使ってます。
3極管接続で、12.6dBほど稼いでいます。








100Vx4 の絶縁トランス使用



参考回路図

ダブルクリックで拡大



負荷による出力変化 (1kHz出力)


負荷抵抗の差による出力特性です。
やはり、5KΩが良いようです。



1KHz入出力特性 (5KΩ)



1.0V出力時のF特



出力トランスは、春日のOUT-41-357 です。





PP回路方式

出力管をPP方式としてみました。
位相反転回路は、オペアンプ方式です。
5極管接続と、3極管接続についても
比較検討してみました。



PP方式の実験機



回路図

ダブルクリックで拡大

Aクラス方式ですから、出力は2倍となります。
測定結果でも ほぼそのとおりです
NFBは、約4dBほどかかってます。


5極管接続 in - out


5極管接続 f 特 (0dB=500mV)



以下は、3極管接続した場合の特性です。
3極管接続したことにより、Gainが落ちたので
NFBは 約2dB程しか かかってませんが 低域の
伸びはさすがです。 20Hzでも -2.1dBです。

3極管接続 in - out (1kHz)


3極管接続 f 特 (0dB=500mV)



出力トランスは、TOEI の OPT-5P です。






< HOME >





(c)2017-2018 mi-take