真空管AMP コーナー

 ヒーター電圧が 25Vの球が手に入ったので それを使ったアンプを作って見ましょう。
 ヒーターが25Vですから 4本使えば ちょうど 100Vになりますので ヒーター分を浮かした
小型電源トランス式のPowアンプが出来ます。 ヒーター電力もバカになりません。
ヒータから分離した 小型の電源トランスで 0.5W〜2.0W を目指します ・ ・ ・ 


その出来や如何に



1. TR+25F5S 3結シングルのアンプ  (こちら
  ・ 電圧増幅にトランジスタ使用
  ・ 3結にして NFBを掛けます
  ・ 真空管を 3本使用のステレオアンプ


2. 25C5+25C5S シングルのアンプ  (こちら
  ・ 100Vx4の 25VAトランスを使用
  ・ シングル方式で電圧増幅にも 25C5
  ・ ケースはプラスチック製で加工を簡単に
  ・ 電源整流用に50DC4のヒーター50V管2本使用


3. オペアンプ+25C5PP プッシュプルのアンプ  (こちら
  ・ PP方式で位相反転は オペアンプ方式
  ・ 3極管接続、5極管接続の両方検討
  ・ 真空管を 6本使用使用のステレオアンプ


4. TR式パワーアンプのシャーシー・電源トランスを使う (こちら

  ・ プッシュプル方式
  ・ 位相反転に平衡型ラインドライバ使用
  ・ TR式アンプのシャーシと電源トランスを流用

真空管は 売店 で扱ってます。 こちら
基板&キットは 25F5s ヤフオクにて発売中 ・ ・ ・

 



TR増幅 + 25F5s  3結方式


電圧増幅にTRを用いて出力管を25F5としてみました。
( 25F5の場合、ヒータ電流が0.15A なので 50DC4と
同じですので、25V+25V+50V=100V となります。
トランス容量で 15VA 節約できます )

整流方式は、半波整流で整流管 1本使用の計3本。

最初は、5結の電圧増幅段無しとしたのですが さすがに
ゲインが足りなかったので、TRの電圧増幅段を追加。
回路は、これでもかというほど シンプルに。
初段は TR 1石自己バイアス方式とします。


TR増幅+25F5s 3結方式の実験機


意外と基板の使い回しができます。
真空管の初段の位置に トランジスタ (VCEO=150V)
半田付けしてます。


回路図

ダブルクリックで拡大


今度は、5結ではトータルゲインが高すぎて安定して NFBを
かける事が難しいので、3結のみとした方が 良さそうです。
最大出力は 3結/5結とも 0.5W/5% です。

Gainは、3結で
NFB有り Gain= 12.7dB (500mV/116mV)
NFB無し Gain= 22.8dB (500mV/36.4mV)
でした。

(ちなみに5結のNFB無しゲインは30.4dBです)


3極管接続 in - out (1kHz)


3極管接続 f 特 (0dB=500mV/8Ω)


3結の場合、低域が伸びます。
100Hzで、-3dBなので使用NFBを施せば使用に耐えそうです
トランスは オリエントトランスです。


負荷インピーダンス特性

負荷インピーダンスを変えたときの特性です。
5KΩが良さそうです。





<参考>

5結時 non-NFB時の周波数特性


5結は高域は問題無いのですが 200Hzで -3dBです。
NFBが安定して掛けられないので 諦めです。
( 5結non-NFB時の裸ゲイン=30.1dB )

出力トランスは、トーエイの T600Z(オリエント) です。

--------------------------------------------------


<参考>

トランスのコア材をオリエント(T600Z)からハイライト(T600)に
変えても 特性的には変化が少ないように見えます。

in-out 特性 (1kHz) (ハイライトトランス)


500mV時 f特 (ハイライトトランス)


しかし 問題は低域での出力波形です。
ハイライトトランスは 20Hzで出力300mVでも歪みます。






低域の事を考えると T600シリーズは、
オリエントコアのトランスが良さそうです。



 
実験の結果、基板 1枚でまとまりそうですので
1枚ものを 検討・設計 してみましょう。


回路案 (改訂版)

ダブルクリックで拡大


基板案

どうやら 100x100 サイズで収まりそうです。



アンプ基板 完成




10pX10p の基板に組み込みました。 ヤフオクに
このキットを 数セット出品致しますので ご利用下さい。



完成例





TOEI のトランス いつの間にか値上りしてますね〜
30%位 高くなったでしょうか










25C5 x4 + 50DC4 x2 アンプ



電圧増幅段にも出力管を使ってます。
3極管接続で、12.6dBほど稼いでいます。








100Vx4 のトロイダル絶縁トランス使用



参考回路図

ダブルクリックで拡大



負荷による出力変化 (1kHz出力)


負荷抵抗の差による出力特性です。
やはり、5KΩが良いようです。



1KHz入出力特性 (5KΩ)



1.0V出力時のF特



出力トランスは、春日のOUT-41-357 です。





PP回路方式

出力管をPP方式としてみました。
位相反転回路は、オペアンプ方式です。
5極管接続と、3極管接続についても
比較検討してみました。



PP方式の実験機



回路図

ダブルクリックで拡大

Aクラス方式ですから、出力は2倍となります。
測定結果でも ほぼそのとおりです
NFBは、約4dBほどかかってます。


5極管接続 in - out


5極管接続 f 特 (0dB=500mV)



以下は、3極管接続した場合の特性です。
3極管接続したことにより、Gainが落ちたので
NFBは 約2dB程しか かかってませんが 低域の
伸びはさすがです。 20Hzでも -2.1dBです。

3極管接続 in - out (1kHz)


3極管接続 f 特 (0dB=500mV)



出力トランスは、TOEI の OPT-5P です。






< HOME >





(c)2017-2018 mi-take