SATAドライブの確認

SATA ドライブ ATAPIコントローラーで 動くか?








ATAPI コントローラを SATA I/F のドライブにつなぐ




時々ご質問があり、気になっていたので やってみました。


結論 : 動くけど ・ ・ ・ ・ ・  ! ?



SATA ドライブ 1台 と SATA-パラレル変換アダプタ 2種類



ドライブは、LG の GH24NS70  Sep, 2011製






超シンプルな ・ ドライブ の リアパネル


SATA の信号 & 電源 コンビネーションコネクタ があるだけ。

・ ・ ・ ・ ・ ? ! !


Audio 出力端子が ありません。 

デジタルは おろか アナログも
ありません。





変換アダプタは 簡単に装着できます、 が



ATAPIコントローラーをつなぐと 見事に動きましたが ・ ・ ・ ・ ・


ドライブに Audio出力端子が無いので、動いても 何の足しにもなりません。
これ以上は、無駄なので 実験中止しました。


世の中には、Audio出力端子付きの SATA ドライブも あるようですので
その場合は、変換アダプタは 役に立つかもしれません。


今回使用したアダプタは
潟Nレバリー CB-IDEBSATA-04 (\998) でした。



SATAとは
SATAは、Ultra ATAなどの従来のATA仕様で採用されていた パラレル転送方式を、シリアル転送方式に変更したもの。 これにより、SATAではシンプルなケーブルで 高速な転送速度を実現することができる。 パラレルの場合、各信号線間での タイミングズレが問題になるため 速度に限界。 シリアルの場合は この問題が発生しないため 高速化が可能。 従来のパラレル方式のATA諸規格との 互換性を持っているので 信号変換によって互換接続が可能。




< Goto ATAPI Menu >



(c)2011-2012 Mi-Take