PCM1795 遊ぶ
PCM1795の音に力強さを Plus

ここにきて、優秀な 96KHz/24bit のソースが出回り始めましたので ビット数に余裕のある 32bit/DACの出番も増えそうです。  PCM1795の音は 繊細な傾向がありますので、私としては PCM1794/1792的な 図太さが出てくると 鬼(32bit) に 金棒(好み音) なのです。 なんとかしましょう !! と ,  いうのが今回のお題です。 


  PCM1795 の音が 「良い」 「悪い」 という話ではありません。 個人的 好みとして PCM1794 の音が好きということです。 PCM1792 も音としては PCM1794 と全く同じだと思っていますが、ここでは 便宜上 対抗馬を PCM1794 とてますが、 PCM1792 と読みかえていただいても結構です。
 PCM179x ファミリは 「出力の違い」 と 設定が 「ハード」 か 「ソフト」 かによって、7種類ほどあります。 企画・設計的には Advanced Segment に属し 音質傾向は 同じですが 微妙に異なってます。 その中で、32bit 対応出来るのは、PCM1795 のみで 他は 24bit対応です。 

ここで、PCM1794 と PCM1795 のスペックを比べて見ましょう。


PCM1794/1795 datasheet より抜粋



どうやら、違いは出力電流にあるようです。 PCM1794 は
PCM1795 のほぼ 2倍 出ていますので S/Nはその分だけ
改善し、付随して 歪(THD) も改善したと言えそうです。


PCM1794 が電流出力を 約2倍とするための内部構造を

「 PCM1794は2組のDAC電流源があり内部で並列接続している 」
「 電流源は、直接並列接続できないので シリーズ抵抗が入る 」


妄想すれば、つじつまが合いそうです。

賢明な諸兄は 既に気づいているのかもしれませんが
要するに 「 電流出力を並列接続 」 すれば PCM1795 で
PCM1794 的な音が得られる ・ のかも ・ です



  電流源を 直接並列接続できない理由は こちら を ご覧下さい。  



下の図は、差動で合成するばあいと並列で合成する場合をイメージを 図式化したものです。
 ・左図は差動電流を IV変換後にシングル変換する場合で、式は 引き算となります。
 ・右図が電流出力段階で並列接続したのち IV変換する場合で、式は 足し算となります。 

 
 合成イメージ図
 

合成波形を見ていると、真空管アンプの 「プッシュプル」 と 「シングル」 を思い出します。 プッシュプルにおける 「歪みの打ち消し効果」 は 音質に影響を与えている ということはよく知られています。   打ち消す前に 2倍2倍



そこで、モノラル動作させた PCM1795 の出力を並列接続して、PCM1794 的な音質傾向に近づけましょう。
電流出力を 並列接続回路する回路は 下図の通りです。 並列接続した差動電流を IV変換しますが、IV変換時に差動動作させるのは、BPZオフセットを相殺するためです。  (BPZの詳細については、datasheet を参照願います)

           



並列接続する場合は、相互干渉を避けるために 回路図のように 各電流出力にシリーズに抵抗を入れないといけません。  抵抗値は 15〜22Ω程度で良いようです。


使用する IV変換基板を見てみましょう。 左側基板に示した 赤色線で囲った部分に 抵抗8本と 黄色線の丸部分に4Pのコネクタ が挿入できるように パターンが出来てますので、抵抗とコネクタをつけて見ました (右基板)。


IV変換基板(V2.2) の入力部


ご注意
半田ジャンパーによる設定変更で基板の動作モードを変更できます。 基板は V2.2 以降 対応しています。

・標準的な使い方の場合の等価回路と基板のジャンパー設定 (赤色が半田ジャンパー位置)

標準的な接続 (モノラル差動入力 片側 1ch分)

   


・並列接続時の等価回路と基板のジャンパー設定 (赤色が半田ジャンパー位置)

並列接続 (モノラル並列接続 L/R 2ch分)

   






早速 接続して、音を聞いてみましょう。  おぉ〜   さすが 2倍2倍

アナログ出力は、 PCM1792並の 4.3Vrmsとなり
馬力感がぐっと増してきます。


PCM1795W + IV変換基板 + 制御基板 + DAI(Combo384)
 



ついでに IV変換抵抗を 音響用 というやつに替えて見ました。

REX:カーボン、REY:金属被膜、角形の金属被膜


微妙 ・ ・ ・ 差は少ないようで。 

強いて言えば カーボンタイプが好みのような気がします。





WM8804付き制御基板 と 1795Wパラ組合せ例です



この組合せは、Combo384でハイレゾ音源対応する際の
Gootコストパフォーマンス狙いにはもってこい! の組合せです

WM8804/DAIも積んでいるので、同軸デジタル信号にも対応可能
なので、Combo384の購入を先送りしてもとりあえず
同軸/光端子で楽しめます。










追記掲載


 PCM1795W を 2個使い (計4個) してみました。

つまり、パラレル運転した PCM1795 を 差動で使う  !
ちょっと 贅沢な 構成です。


計4個 の PCM1795 が使われてます



基板のパターン加工無しで この構成を実現してますが
ケーブル加工 が 必要です。


クールな頭器用な手先 が必要かも。
説明がややこしいので下図を参照下さい

  唯一の資料です / 他ありませんので その辺 宜しく

                                          クリックで拡大







                                     ・PCM1794W/1792Wで同じ事ができない訳は こちら をご確認ください。

                                    ・上記の構成の場合、切替時のノイズ対策は こちら の基板で可能です。

 < goto Home >
 
(c)2014-2015  mi-take