AK4495W DAC



AK4495W (mono x2) DAC基板

System72の大きい版サイズの基板(94x72)を使用します。
LPF用のオペアンプは、MUSES8820を チョイスしました。


MUSES8820 オペアンプ


MUSES8820 試聴
低音の量感とキレの良さを併せ持ち、音が一歩前に出てきます。 そして 見通しの良い音なのに適度にソフトで、各楽器の定位がピシッと決まります。 ジャズボーカルやポップスに向く音質ですので AK4495DACに似合いのオペアンプと言えそうです。
 MUSES8820 ファーストインプレッションは こちら


さて回路ですが、電源は デジタル3.3V、アナログ 3.3V と
5.0Vの 3電源方式とし 最適化を図ります。 
さらに、アナログ 5.0Vラインは J16/17切り替えによって
CN902より 最大7.2Vを加えることが可能な形態です。


DACパワー部 回路図



DAC出力にミューティング回路を搭載し
PCM⇔DSD切り替え時のノイズ減少にも考慮してます。
組み合わせる制御回路基板のMuting部に接続します。

Muting 入力部




アースグランドはデジタルとアナログ分離






制御基板は System72基板の小さいサイズ版です。
COMBO384 と DAI(CS8416等)の 切り替えも可能な
基板です。 本基板の初期値は、AK4495のモノラル
動作を初期値としてますので 設定ジャンパー無しで
動作します。 


AK4495W と 制御基板


上の基板がDAC基板、下の小さい基板が
制御基板となります。


制御基板の入力端子と出力端子


COMBO384入力は、PCM⇔DSDとの切替と
COMBO384⇔DAIとの入力切替が可能です。


また動作のモード設定は下図の通りとなります。
 制御基板の設定モード (JP301)
   ジャンパー無し  ジャンパー有り
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
  モノラル
 L/R出力


Vol用VR x1
ステレオ
R/L出力


Vol用VR x2
(3)(4)は、未定義ですのでジャンパーは入れないこと。

今回の制御基板は、これまでの基板と異なり
バランスVR方式では無く、VRを2個用いてLchと
Rchそれぞれ調整する方式としています。


制御基板 JP301付近の見取り図




ジャンパーの有無とLCD表示(動作)の関係は
下図の様になります。


ジャンパー 無し



ジャンパー (2) 有り



ジャンパー (1) あり



ジャンパー (5) あり



ジャンパー (1) (2) (5) あり











基板を接続して動作してる様子です。




COMBO384 + 制御基板 + AK4495W + 差動buffer基板

 



AK4495W (monox2) DAC 発売開始です






Menu


(c)2018 mi-take