PGA2320 V2 版 電子VR基板は こちら 
 PGA2320 V1 版 電子VR基板は こちら 

   New PGA2320 二個載せ

バランス入出力専用(L/R 2ch)のマスター基板(MPU +PGA2320x2)の基板を作りました。
バランス(平衡)駆動入出力がデフォルトのシステムを組む方の場合、MPU +PGA2320x1では効率が悪いので マスタ基板に PGA2320を 2個載せて、1枚でバランス2ch(L/R)対応です。 拡張スレーブ基板は2個載せ基板を使用して、バランス 4ch、6chまで拡張可能です。

PGA2320を2個載せ。 これ1枚で平衡 L/Rch OKです



平衡4ch(マスタ基板 + スレーブ基板)の接続例




基板の動作モード概念


 PGA2320の制御コマンドは、シフトレジスタによって デージーチェンする形式です。 従って、連結数を意識して コマンドを発行する必要があります。



例: PGA2320 x3 (平衡6ch)の場合
 

mi-takeの電子VR基板では、左右バランス調整機能を入れてますので 上記のように デージーチェンさせて 複数チャンネルの制御を実現させる場合、制御総数を意識してデータを送る必要があります。 上図を見て、バランスアンバランス かでも 制御の方法が変わる ということが理解出来る方は、かなり上手(ウワテ)の 「 ロジッシャン / logician 」 です。


バランス(平衡) 6ch 分の基板例 ( マスタ基板名称 PGA2320W )


このマスタ基板(PGA2320W)は、バランス型優先となりますので 通常の(従来の)アンバランス型(PGA2320S)をご検討下さい。





  <戻る>

 
ここからはマスタ基板に PGA2320を1個載せたバージョン(PGA2320S)の説明です。
拡張方法以外は上記のPGA2320 2個載せのマスタ基板(PGA2320W)と同等です。


  バランス駆動のまま、音量調整したいとの要望が最近多くなっています。 当方でも、TPA6120 Twin型ヘッドフォンアンプ等 出していることもあり、多ch化対応も含めこれまで個別対応してきましたが、この度 PGA2320電子VR基板の改版 及び ソフトの 多ch対応を行いました。 
基板の
基本的な考え方・機能は変わっていませんが、増設ch用専用基板を追加し 制御信号をカスケード出力設定出来るように ソフト対応しました。 


PGA2311対応の考慮は、今回特にしてませんので PGA2311を搭載した基板は V1.x基板の在庫限りで終了となります。


PGA2320 V2.0基板の完成イメージ


左側が マスター基板(2ch)、・中央 +4ch分 ・右側 +2ch分 、のスレーブ基板です


それぞれの基板の使用・組合せイメージは 下記の通りです。
増設用の【バランスライン対応基板】 【マルチチャンネル対応基板】 は
オプション設定いたしますので 必要に応じて ご指定ください。





バランスライン対応版の拡張基板は、PGA2320は1個載せとなります。





マスター基板



マスター基板端子配列



設定ジャンパ J611の内容



増設基板 PGA2320x2搭載版
 (3Way 6ch対応)


増設基板 6ch版 端子配列





増設基板 PGA2320x1搭載版 
(バランスライン増設用)

バランスライン用は PGA2320が 1本のみの実装となります

増設基板 バランスライン版 端子配列




 



V2.0基板の機能は、

  1. 音量調整
  2. 赤外線リモコン対応
  3. 左右バランス調整対応
  4. マルチch対応(Max5ch)
  5. バランス(平衡ライン)対応
  6. Gain(+31.5dB) on-off 機能(ジャンパ設定)あり

V1.3基板同様の機能ですが、平衡ライン対応が追加され LCD表示も 同様に可能です。



「左右バランスVR 無し」 の時の表示例



「左右バランスVR 有り」 の時の表示例

2行目のバーは 音量調整VRの回転位置表示です。



左右バランス調整VR 有りで
平衡ラインモード時
のLCD表示例の動画です

動画で表示しますので、アラートが出た場合は
「ブロックされたコンテンツを許可」 して下さい

( または、FireFox を使用下さい )



MP4 と WEBM フォーマットに対応してます




左:マスター基板 中央:拡張バランスライン 右:拡張 3Way



前バァージョン基板同様に 各基板のグランドは アナログ系と
デジタル系が分離され 半田ジャンパーの一点で結ばれます






説明書は こちら  (#18です)







<戻る>




(c)2016-2017 Mi-Take