Voice of User's コーナー

いろいろなご感想やご要望を頂いておりますので、一部をご紹介いたします (多少加筆修正させて頂いてる部分がありますが ご了承ください)

ご紹介頂ける方は、 こちら 宛て メールお願い致します。

カテゴリにジャンプ
New をクリックすると
最新版にジャンプします
 ATAPI コントローラ
HeadPhoneAmp new
USB Audio I/F
Muting
DAI/DAC
new
電源基板

番外 (上記カテゴリ以外)




< Goto Home >


ATAPIコントローラ関連


カテゴリ ユーザ様からのコメント等 Mi-Take / コメント・対応予定など






ATAPI
コントローラ 


1


 


 落札&購入したものの 長らくバラックで使っておりましたが 子供から 「きちんと箱に入れた上で誕生日祝いにほしい」 と、強硬なる要請がありまして箱に入れてみました。










 ”amraamさん” 
写真、ありがとうございます。
 
お子さんへのプレゼント !
すばらしい力作です




CDドライブ、きれいに収まっていますがご苦労がしのばれます。

私も2台ほど改造してみましたが、ドライブの高さと横位置の精度を出さないとトレイがうまく動かないので、固定方法が難しかったです。
それとトレイのフロントカバーの取付に工夫を要しますのできれいにまとめるのは苦労されたことと思います。 

 拍手!!です。




DACの写真も
頂いています。

こちら

  ★使用している中、少し気になる点がありましたので バージョンアップ等がありました際にはお知らせいただければ幸いです。

・ドライブ側のメディア認識に時間がかかる場合に NO DISC の表示になってしまう。
 ・再生中に FWDの連打ができない?
・アドバイス、ありがとうございます。
 バージョンアップ時に対応を検討します =>VerUp済み

 LCDはこれから手配ですが、早速、スイッチとコントロール基板を CDに接続し、動作確認をしました。

問題なく動作しました。 普通のCDプレーヤーのように扱えるのは Good!! ですね。

・ありがとうございます。
  そうなんです。LCD無くても使えます
 new  2016up


  ATAPIコントローラ、PCM5100/32bit DAC、RaspberryPi 2Bを箱に入れてみました。


現状で DSDが 32bit192で 再生されるという 謎現象はありますが特に問題無く使用できております。 良いタイミングで 「PCM5100/32bit DAC」 を 出していただいてありがとうございました。




※ タクトSWの押しボタンはノックピンを使い、
抜け止めは金属スペーサーをアロンで接着にしました。

外観は非常に良いです。

ノックピン(\598/8個) 、 スペーサー(\299/25個)





DAI と RaspberryPiの切換えはリレーで強引にやってます。




※ RaspberryPiの頻繁なON-OFFを嫌って
追加の5V電源を常時ONにしています。




※ ATAPIコントローラと RaspberryPiの両方を動作させると 5V2Aでは
少し苦しいようで 電圧ドロップが出ました。
(RaspberryPiが アイドル状態だと足りるようですが)










ノックピンの工作図面  (図面クリックで .PDF)






ケースを自作されたようですが、おニューになって ぐっと品格が上がったようで、工作技術・仕上げの良さに感動!致しました。

ノックピンでの操作ボタン加工は とても参考になりそうです。 
ここまで造れれば 市販品不要ですね。

( ノックピン加工図面を お送り頂きましたので最後に掲載してます )


また、RasPi +DACも内蔵されたようで、Net Playerにまで作り込んだあたり 脱帽ものです。





当方、RasPiなかなか思うように動かせず、手に余してます。  (Volumioの次期バージョンがもう少し完成度が上がってくることを期待して様子見の状態です )




Web表示の都合上、若干編集させて頂いてます。 ご了承下さい。


 
ATAPI
コントローラ




アンプと お揃い
タカチのケースに
入れました


2


 組み立ててうまく作動したので,ケースに組み込みました。

コントロールボタンを延長してトグルスイッチにした際に,FFだけがなぜか 2曲ずつ増えたので 10kΩを入れたら正常化しました。

 個人的に大変よいものが入手できて喜んでいます。

 








   ****** <mi-takeコメント> ****************
   こちらでは一部を紹介させて頂きましたので、加工など 詳細は、
 こちらへ





Fafa様より 完成までの様子を ブログにアップして頂きました。


自作アンプと お揃いのケースに入れた ナイスバージョンです。



こちらでは一部を紹介させて頂きますので、加工や ご感想など 詳細は、

   こちらへ





ありがとうございました。
ATAPI
コントローラ
(V1.06R1)




3
 

 スケルトンドライブ
 
「 ワイルド だぜ〜ッ 」


 板厚 6mmの MDF材に 単純に各パーツを配置しただけですが、
 ワイルドさを強調したかったので、なかなか雰囲気は良いと思っています。

 CDがむき出しで 回転して音が出るのは 非常に楽しいです。 
 レコード世代なので、余計そう感じるのだと思います。



 ドライブは TS-H352Cを利用しています。

 スケルトンドライブにしようと思ったのは、今まで通常使用していた TS-H352C がちょっと調子がおかしくなった(CDを挿入後、カタカタと音がするようになった)のですが、捨てるのももったいないと思い、試しにやってみましたところ うまくいきました。 今回の不具合は CDのローディングの不具合のようなので複雑な ローディング機構を取り去ったため、解消されたようです。


 配置時の組立では、基盤は板に単純に固定すれば良いのですが、CDドライブ機構の部分を微妙な位置に浮かせて固定しないといけないところが難しかったです。






 操作で気になったところは、


  ・ ローディング用の小さい基盤とモーターを接続していないとうまく動作しない。
  ・ イジェクト操作が事実上無意味になっていて、CDを替えた後、                    
電源オンオフスイッチでスタンバイする。

 等、若干操作でイレギュラーな部分がありますが、再生上支障はありません。
 


 また、2台目を検討していますので、その際はよろしくお願いします。


YMK様より
スケルトン対応バージョン、Ver.1.06R1で挑戦頂いたスケルトンモデルのご連絡をいただきました。

 

いですね。 アングル + 長ネジ で  ドライブのシャーシを保持しているアイディアは うまい考えだと思います。 





このように綺麗にまとめてたものをみると なんか 欲がでてきますね。 ( 制御部分を 何か ケースのようなもので覆うとか ・ ・ ・ )




次作も ご検討のようですので、また ご連絡頂ければ幸です。





PS:
ご指摘の件につきましては、時間をみて、なにか 方法はあるか検討してみます。

ATAPI


4

ついに ここまで来た !
手作り 超弩級 CDP


ATAPIコントローラキットを使用したCDトランスポートが
ほぼ完成しましたので 報告させていただきます。




CDドライブはPLEXTOR PX-320Aです。

もう一台手持ちのPLEXTOR Premium もありましてどちらを使うか
悩みましたが メカの構造とサイズの関係で PX-320Aにしました。



製作に使ったmi-take製品は下記のモノです。
・ ATAPI コントローラ
・ IR リモコン
・ SPDIFバッファ
上記以外にも 高精度クロックへ交換や
電源強化(別体)など チャレンジしてみました。



シャーシベースは 10mm厚のアルミ板。
それにインシュレーターをつけ、基板の配置の順で製作していきました。
10mm厚のアルミ板を使うことで ネジ穴を貫通させることなく表側が綺麗にま
とめることが出来ました。またネジ穴はタップを切り全てネジ止めできます。

CDドライブの基板はかなり改造しました。 純正IDEソケットは取り外し裏面に
ATAPIコントローラ基板が接続できるようにし デジタルアウトや電源ソケットも
別に取り付け加工しました。

CDメカの取り付けも フローティング式です。



トップローティングタイプのデザインで、天板上部の蓋を閉めることにより
CDのスタビライザーが固定される構造です。スタビライザーはCDドライブ
の純正品です。
タクトスイッチ類も別のモノを使って製作したためATAPIコントローラ基板の
一部は使っておりません。


また、トップの蓋を閉めないと CDを読み込まないようにスイッチを増加して
取り付けました (蓋を開けたままプレイボタンを押しても動きません)
CDドライブの基板は コンパクトにまとめるため 各所改造しております。


今後は各所調整をしてからボディをブラックアルマイト加工をしてから各ス
イッチ類にシルク印刷をして完成の予定です。美濃部様の製品はとても気に
入っております。今後とも新たなる製品に期待をしております。

画像をご覧になってご意見等ありましたら 是非参考にさせて頂きたいと思い
ますので 宜しくお願いします。

< goto TOP >
STO_K様より
欧州の高級メーカ製と 見間違えそうな完成度のCDP作例を送って頂きました。





手作りで、ここまでくると 感激モノですね。


デザイン・設計センスも光ってます。



シャーシーは、フライス加工?で仕上げたのでしょうか。


良いカタチのCDPに仕上がって、使って見たくなる 仕上がりです。


電気系もこだわりの構成で、バランス良くまとめていると おもいます。



拍手 !







作者より後日コメント
フライス加工は してません。ボール番で穴あけした程度です。 ベースの10mmアルミ板以以外のアルミ板は寸法を出して注文したのでカットは綺麗です。

2台目 PLEXTOR Premium で予定してます。

それでは アルマイト加工が終了しましたら また連絡させて頂きます。
USB Audio I/F 関連


USB
Audio I/F


1

PCオーディオ用のインターフェイスとして使用しています。
オーディオ変人会?でメチャメチャ好評価!  15万円もするIEEE FireWire機を凌ぐ実力が
有りそうです。  FireWireを購入したメンバーが悔しがっておりました。


・高評価、ありがとうございます


2
バスパワーからセルフパワーに変更しますと音調にメリハリがつきますね。
短時間の比較試聴ですが私の現用のトランポ、yamaha cdr-hd1500と比較すると音像はこのusbキットの方が締まっていて好感触です。
早々の、セルフパワー ご試聴レポートありがとうございました。
3
ライントランスを使ったDACの音を聴きたくなって、KITを探したところ、SYSTEM72の
USB-DACが目にとまった。

Busパワー、セルフパワーの選択はもちろんのこと、パルストランスを使った
デジタル・インタフェースを装備するなど、ユーザー視点にたった拡張性の
ずば抜けた高さは、秋月電子や共立電子のKITとは一線を画す内容で
大変気に入った。


     写真は、これをベースに組み上げたもの。
    

若干の実装パーツ変更と、電源は外部トランス式ACアダプターからのDC供給による
セルフパワー方式、アナログ出力はオリジナルのLPFはパスし、基板外に実装し
ライントランスにつながる構成だ。こうした仕様変更を簡単にできるのがSYSTEM72の
特徴だと思う。


要望をあえてひとついうとすれば、次のバージョンでは、PC側USBコネクターから
供給されるUSBバスパワーを阻止するジャンパーを付けて欲しい。

ともかく素晴らしいキットの提供に心から感謝。



AK




AK様より
USB DACのLineTrans 版完成レポートを頂きました。


基板上のパーツを変更し オリジナル化された上で、コンパクトにケーシングされた様子で 感心させられました。



ライントランスにtamura TpB を使用された様子ですが、PCM2704のアナログ部は、32Ωの負荷を想定した パワーアンプ構成となっていますので 適度な負荷状態で 且つ、巻数比が1:3程度ですから、昇圧が 約3倍程度 得られ 丁度良い 塩梅ではないでしょうか。





レポート、ありがとうございました。

手作りに見えない
逸 品
4
USB-DAC基板を ヘッドフォンアクセサリーの 箱に入れて使っています。
ドライバーインストールが要らないので ちょっと他所のPCで聞いたりするのに
非常に重宝してます。

自宅のメインPCが WinXP-64 なので これしか動くものが無いと言う 事情もありますが (笑
     


     
 


ケースですが フィリップスの SHE9850という
イヤフォンを買うと付いてくる イヤフォンケースでして
本来は下のような使用法をするものらしいです。

実際には邪魔なだけなので持って歩く訳も無し。
有効活用ということで。




                                < goto TOP >


 ”amraamさん” 
の USB基板を使った 完成品を紹介頂きました。


 洒落たケースに うまくまとめて入れています。 ぱっと見では手作りとは思えないケーシングです。



 PHLIPSの ロゴもとても効果的です。音も ぐっと 良くなったのでは ないでしょうか。


( Audioは 見栄えも
  ダイジ ですよね )























 ケースは 何を使ったのか お尋ねしたところ、その正体を お教え 頂きました。

 タカチ等でも このくらいの 品位を感じさせるケースを 出してくれると 楽しくなりますね。
 
Muting 関連

ミューティング
基板

1

非常に高機能なミューティング回路で、電池使用での機器のミューティングには最適です。

・なるほど、電池機器での使用。
 そのような使い方もあるのですね

LME49600 ヘッドフォンアンプ関連








LME49600.
HPアンプ


1

  ケース(MX3-11-12)、VR他外付け部品(LME49720+積層フィルム2.2μF)等購入し、パネル穴あけ、平行単線(インターフォン用)にて配線、電源は手持ちの12Vスイッチング電源X2で±12V。 (予定していたダイアモンドバッファはやめ)
2日で組上げ 約1週間エージングした。 初めは音が固めで高音がちょっとキンキンしていたが、昨日あたりから非常に良い音になり始め、今日はさっきまで ずっとクラシックとか、陽水とか手当たりしだい聞いてました。 今まで聞いたことのない位の いい音です。 

★ちょっと希望を言わせてもらえれば
 ・LME49600以外は半田付け無しで
 ・4558の1個は49720に
 ・入力コンデンサを付けれる(不要な場合はジャンパー)基板にしてほしい
 ・ヘッドホンジャックは特に必要無し
ちなみに音源はCDをアップサンプリングして176.4/24bitでDVDaudioにして聞いています。

<エージング>
電解コンデンサ類はエージングが必要だったりします。 Museを使用していますので(リード線が銅リードで太めなので半田付け時の温度の影響が大きくエージングも長めになる傾向があります。20〜30H位 かかるような気がします。

<改善要望>
アドバイス、ありがとうございます。
  基板の改版時に検討します



2

ケースに組み込んでみました。 電源トランスは AC18Vx2 0.3A。
ミニジャックの位置合わせに苦労したのと、デザインの制約にもなりましたが、
よくよく考えたら、中継してパネル用のジャックにすれば自由度が高かったのにと
 ・・・ 後の祭り






        
・写真ありがとうございます。

 高精度な加工技術をお持ちなようで
 うらやましいです。



3

LME49600.HPアンプのOP.アンプ比較レポート

手持ちのオペアンプで試聴してみました。
「 OP275 」が私の場合 ベストでしたね

オペアンプ 星・気に入り度 コメント・感想
LME49720 ★★★★+ 最も素直な感じ。S/Nが高い印象で弱音も明瞭、ソロ楽器とバックの遠近感も良好。各楽器の分離も明瞭。やや低音の充実感が弱いか、ティンパニーの響きが軽い気がする。シンバルの抜けもよい。次点か。
OPA2604 ★★★★+ 若干個性が感じられる。小太鼓の歯切れよく、サックス、ピッコロの響きもよい。木管、低弦のピツィカートの輪郭はやや甘いか。フルオーケストラの分離も良好。ティンパニーの迫力は重厚だが、シンバルは生々しすぎる。同着2位?
NMJ4558 ★★★+ 素直な音質でクセがない。明瞭さでは他のICに一歩譲るがバランスはよく十分楽しめる。低音がわずかに過剰気味だが強奏でも破綻なく無難に鳴らしきる実力がある。
OP275 ★★★★★ 最もお気に入り。透明感があって各楽器よく分離して非常にクリア。フルオーケストラでも混濁感なく、見事に再現。金管もきれいに抜ける。シンバルの鳴り方も素直で強調されたところがなく、余韻もいい。ベストか。
OPA2134 ★★★★ OP275を甘くしたような感じ。バランスよく鳴るが、やや明瞭度を欠き、小太鼓がソロ楽器に埋もれることがある。低弦がやや丸くなる割には、弦がややメタリックな響きに聞こえ、ティンパニーの迫力が今ひとつ。
NE5532 ★★★★ OPA2604から色づけを取り去った感じ。ロングセラーだけあってクセがなく安定感があるがやや細身の音の印象。明瞭感にはやや欠け、シンバルの響きも丸くなる。
LM358 ★★ 汎用OPアンプでここまで鳴るのは驚きだが、他と比較するとS/N感今一つ。サックスや弦ではやや歪み感あり、小太鼓が埋もれ気味で歯切れも劣る。フルオーケストラでは馬力はあるがやや混濁。ティンパニー、シンバル軽い。
総評 ・用途の違うLM358は別として、他ICの音は差をつけるのに苦労するほどであった。上記の評価はあえて差をつければ、というふうにご理解いただきたい。オーディオが音楽を再生する道具とすれば、それぞれみな音楽を楽しめる水準には達している。
・限られた環境での短時間の評価です。使用する機材やソースが違えば評価も変わってくることをご了承願いたい。

機 材 CDP : XL-Z621
H P  : ATH-AD500
HPA : LM49600HPA. & ±15V PowerSupply
使用ソース ラヴェル ボレロ
リッカルド・シャイー指揮
コンセルトヘボウ管弦楽団
録音1986年 8月 アムステルダム コンセルトヘボウ
選定理由
・微弱な音から強奏までダイナミックレンジが広い。
・いろいろなソロ楽器が活躍し、最後はフルオーケストラになるので音色が多彩。

・自称 「絶対音階聞き分け耳」 さん
 からの コメントです。 

・ADの 【OP275】 が最高評価でした。

・ソースがクラッシック音楽ですので JazzやPopsでは変わるのではないかと思います。
ちなみに私は、Jazz-Hard Bap系 ですので OPA2604 が一押しです。


 大変参考になります。
 ありがとうございました。

4

オペアンプをLME49720に交換していますが、非常に高音質です。
ケーブル品質の違いが初めて認識できました、現在この高音質をたのしんでいます。

おお、ケーブルの違いが分かりますか。 
ではぜひ、BELDEN88760を お試し下さい。 加工しにくいケーブルですが音の良さで評判です。

5

早速、組み上げて、まだエ−ジング途中ですが非常に密度が濃い音が出ています。音楽ソ−スを根こそぎエグリ出す感じが自分の好みに合っていますので満足しています。更なる商品開発に期待しています。

”エグリ出す感じ” ・・・ 言い得て妙

2604の特徴をうまく表現頂きありがとうございます。 

6

早速、±15V電源を使用してケースに組み込みました。
初めのうちは平板的なつまらない音でしたが、数時間鳴らした後では見違えるような、音楽性のある音で鳴っています。
「何も足さない、何も引かない」ナチュラルなサウンドです。接続する入力機器の音質をそのままストレートに表現しています。

まだ、エージングによる効果が期待できそうですので、これからが楽しみです。

・電解コンデンサ等は半田付け後のエージングが多少必要なようでです。 音にも影響しているかもしれません。 

7


新バージョンHPA基板を購入し、同梱されている 電解コンデンサをKZからOSコンに変更して組み立てました。 OSコンのため エージングに 100時間以上が 掛かりましたがやっとそれなりの音が 出始めましたので報告します。

システムは以下のPCオーディオです
 PC:ショップブランド
 CPU:E8400
 OS:XP/sp3
 USB Audio I/F:E-MU0202 USB(クリエイティブ),DACはCS4392とあります、
          ASIOを使用。
 音源:CDをアップサンプリングして24/176.4にしたもの
        (FUSE→Upconv→FLACで圧縮又はDSDに変換)
 プレイヤー:AudioGate(ほぼFreeソフト)で非常に音が良い、
         ASIO(24/192に設定)を使用。
 電源:自作のバーチャルGND電源±12V。(pdfファイル有り)
 ヘッドホン:オーテクATH-M50(密閉)
 
部品の変更内容:ケミコンKZ→OSコン、C701-702を0.1μ→2.2μ(KZに比べて押し出しが弱かったため)、あと初段のオペアンプをLME49990x2 (ブラウンドッグに実装品を購入)とした。
 
考察:OSコンはエージングに本当に100時間は掛かります、半田付けの熱での劣化が回復するまで、音がぼやっとしています、回復後は音が非常にナチュラルで透明感があります、ここがKZと異なるところでした、KZのメリハリの効いた余韻の豊富な音も好みですが、OSコンの大人しいナチュラルな音も好きです、こんなに上質なケミコンの違いで音が変わるのがわかるのも、このHPAアンプの基本性能の良さと思いました。
LME49990に関してはLME49720との違いは良く分かりませんでした(耳のせいだと思います)。
 
E-MU0202 USBは、アナログ音源をハイレゾのPCMに変換目的で、購入したものでしたが、最近は専ら USBオーディオに使用しており 毎日 新旧2台のHPAアンプを 其の日の気分で 使い分けて楽しんでいます、良いAMPを有難うございました。
 


  ◆◆ 参考 CAD図面 ◆◆

   



     






LME49600H.P.アンプ基板を2セットお買い上げ頂いたユーザからのコメントです。

こだわりのカスタマイズ内容はとても参考になります。



また、
以前、仕事で CADAM を使っていたとのことで、自宅では Auto CAD ユーザとのこと。 

驚くほど 綺麗なCAD図面を 送って頂きました。


私の分も 作って!! と お願いしたくなる出来です。






8




AKGのヘッドフォンはアンプのヘッドホン端子では充分鳴らせていないような気がし て、もっと良いアンプを探して、オールFETのHPAキット等を試しましたが、良い結果 が得られず、こちらのキットにたどり着きました。

電源はオークションで新品・錆ありのトランスを安価に購入できましたので、3端子 レギュレータで±15V電源を組みました。 本当はもっと大きいコンデンサを入れたかったのですが、ケースの関係で我慢してい ます。

OPアンプは付属の4558でもはじめは良い音に思いましたが、交換するとさらに良くな ります。
MUSES8820はキレの良さを感じましたが、バイオリンの高音が金属的に聞こえました。
OP275とOPA2604ではあまり違いが分かりませんでしたが、OPA2604に若干暖かみを感じ たので、こちらを使用しています。

組立ですが、抵抗を回路図から照合するのに手間取りました。R702→1kΩというよう な一覧表があると楽だったと思います。 調整も不要なので、難しい部分もなく、一発で音が出ました。
ポップノイズもあまり無く、お勧めできるアンプだと思います。

末筆ではございますが、今後のご活躍を期待しております。

               

sonic様より


材料を使いこなしていて、うまくまとめておられますね。
自作を楽しんでいる状況が良く伝わって来ます。





ご指摘のありました、部品一覧表等については説明書の改訂時に対応検討させて頂きます。




LME49600.
HPアンプ

ULTIMATE版
9
 早速手元にあった箱(またあり合わせ?とか言われそうですが)に 納めて作ってみました。

 ヘッドフォンアンプのリファレンスは LEHMANN AUDIO のBlack Cube Linear
だったのですが ・ ・ ・  。 中高音の切れについては 今回のアンプが上回っていますね。

さすがに低音はBCLがなんとか上回っていますが。 リファレンスの入れ替えになりそうです。
          


      




 ”amraamさん” 
の ULTIMATE版の基板を使った 完成品を紹介頂きました。


 AMPケースを流用したとの事ですが、amraam さんならではの うまいレイアウト処理で ケーシングされています。



KJM様より

LME49600+USB




10

LME49600ヘッドホンアンプを購入させて頂き漸く1ヶ月が経過しました。

感想を一筆書かせて頂きます。



評価後は ちゃんとした±15V電源を製作して 堅牢な
アルミケースに入れてヘッドホンアンプに仕上げる予定でしたが、
下記の簡易試作で これがまた私(駄耳?)には
必要十分となってしまい現在も 使い続けております。

AMP   : LME49600.H.P.A.Type-A (最終的にOPA2604で評価、電解Cは2個置換)
ケース  : タカチ YM-115 (20mm厚) 穴加工10カ所
電源   :Minmax Technology DC/DCコンバータ DC5V->±15V
USB DAC: 秋月電子 AKI.DAC-U2704 REV.C (電解C置換+RLCのLPF回路を付加)
WindowsXPパソコン に Foobar2000&ASIO4ALLドライバで 試聴


ご参考のため試聴に使用したヘッドホンを下記にメモさせて頂きます。
 ・ATH-AD7 32Ω,101dB/mW (AudioTechnica) 年代物です。
 ・ATH-AD500X 48Ω,100dB/mW (AudioTechnica)
 ・AH-D1100 32Ω,101dB/mW (DENON)
 ・AH-D2000 25Ω,106dB/mW (DENON) お気に入りです。
 ・MDR-1R 24Ω,105dB/mW (SONY)

偏った機種ばかりで評価は人それぞれですがヘッドホンを選ばないアンプだと思います。

このような御社ボードには 申し訳ない電源でも 駆動馬力が半端なく
細かい音も 再生できている様で 時たま 「はっ!」 とするときがあります。
YouTube の ライブ音楽再生時にも 高音質で鑑賞できました。


ちゃんとした電源で鳴らせば 更に高音質になるのは 間違いないと思います。
グレードアップする楽しみが また一つ増えました。


KJM様

この度は、制作レポート お送り頂きありがとうございました。

楽しんでおられる様子が 伝わってきます。
そうなんですよね、自分なりに 料理して楽しめるところが オーディオ機器自作の良いところだと 思います。


電源強化予定との事、改造が終わりましたらまた ご感想をお寄せ頂ければ 幸です。




PS:
USBの5Vから、±15Vを作っているので 電源いらずのシンプル構成が 使い勝手の良さに つながってると思います。

 MYT様より

TPA1620
+ USB/DAC


 
11

早速TPA6120A2ヘッドフォンアンプ基板を
使用させていただきましたので、ご報告させていただきます。

TPA6120A2ヘッドフォンアンプ基板をUSB-DACに組み込みました。
 

USB-I/FはCMEDIAのCM6631Aで、I2S出力をTIの
アイソレータISO7640FMで絶縁して Mi-Take製/PCM-1794_DAC基板に
接続しています。DSDには未対応ですがPCMでの性能は良好だと思います。


DAC基板の出力はボリウムを介してヘッドホンアンプ基板を通り
ジャックに出力されますが、電源ON/OFF時のポップノイズを
防止するため、システムリセットICのM51957Bを使用した
ミューティング回路を追加しています。

また、電源基板の3端子レギュレータ1次側のコンデンサは、
高さ40mmのケースに収まるように、ニチコンンFWの3300μF/25V
に交換してあります。



さて、肝心の音質ですが、LME49600を使った
ヘッドフォンアンプと比較すると中域から低域の音質に違いを感じました。
( 曲は同じく「4月は君の嘘」のOP2とか・・・ )

両ICともに不満のない音質なのですが、TPA6120A2の方が
音量を上げてもうるさくないように感じました。

音楽制作者がスタジオでモニターしている音質がどちらに
似ているのか興味があるところです。

なお、視聴に使用したヘッドホンはSONYのMDR-CD900STと
MDR-1Rで公称インピーダンスは63Ω及び24Ωとなっています。





------------------- ( 以下はご参考まで ) ---------------------

「WM8804/DAI付きの基板基板」についてお願いがあります。
USB入力とSPDIFが切替できるのは、大変便利です。

切替がしやすいように、JP301からフロントパネルのスイッチに
接続しマスターとスレーブを切替できるように制作したのですが、

動作中に切り替えるとノイズを発生します。 せっかく
ミューティング出力があるのですから、マスター/スレーブ切替時にも
ミューティングがかかるように改良できませんでしょうか。

(TPA1620一番乗り!! でした )


早速のリポートありがとうございます。



音質的には、LME49600 とは、ちょっと好みの分かれる所かもしれません。

また 出力に入っている 39Ωで だいぶ音のイメージが変わるようですので、使用するヘッドフォンや個人的好みで最適値があるような気がしています。 ( 好みを言い出すと切りがないので、今回 39Ω としました)


そういう意味では、TPA6120A2の方が使いこなしは難しいかもしれません。

LME49600もサーボアンプ無しにすると、結構のびのびとした音が出るので サーボ用無しで使う場合が多かったりします。 (type-A の場合です)








------------
**ご参考までの件
(マスター/ス レーブ切替時にミューティング)


ご指摘ありがとうございます。 たしかにそのような使い方はありですね。

 検討してみます。



ありがとうございました。


------------

 OKS様より

TPA6120A-W
ヘッドフォンAMP

及び

ヘッドフォン
リ・ケーブル



 

12

 入手後、LT1364・AD797 を 試してみました。
最初は 入力から ALPS50KΩ 4連に直結して アンプに接続していました。



RCA・XLR共にレベル変化無く、プリアンプとして入力ソースを幅広くと考え、
http://www.op316.com/tubes/balanced/balprefet-v1.htmを参考にして、
入力端子とボリュームの間に50kΩ出力相当 (約30kΩの抵抗4本で構成)
の固定アッテネーターを設置いたしました。




【 トラブル 】
固定アッテネーターを設置いた しましたが、その結果、LT1364は 1個が潰れ、
AD797は プリ使用時にボリュームの位置が 9時半を過ぎるまで 「シュー」という
ノイズが続き そこから開いていく分には 異常がないという状態です。

【 対 策 】
やったことは OPアンプのデータシートのある通りに 位相補償用のコンデンサを
追加しただけなのですが、これで 収まりました。 2回路OPアンプの 1・2番と 6・7番の
間に 20pFのコンデンサをかませるだけでした。 OPアンプ交換をする向きには、
交換OPアンプによっては 1:1 で負荷が大きすぎる場合があるという事でした。



【 完 成 】
HPアンプとラインプリの両用が出来るように構成しました。
どうしても プリ出力のほうが大きくなるので、トランスで減衰したうえで
固定式アッテネーターで ボリューム位置が丁度良くなるよう調整しております。
LME49600よりも 増幅率が小さく感じられるので、思い切って6倍のゲインと
しました。 又、HPへのマッチングを探るため、抵抗値を変えられるように
基板用ピンソケットを利用してみました。

100Ωを試したところ、DT770PRO(250Ω)において低域に効くようです。





DT770PRO ヘッドフォン・リケーブル



 基本的に自分のやり方は、
 ・ 自分の使用したい線材を使用する
 ・ ドライバーの±を確認して配線できればOK
 ・ 目的のためなら手段を選ばない
という物です。 

恐らくHP愛好家からは激怒されることもやります。
一例。片出しケーブルの処理が面倒だったので
アルミハウジングに穴をあけて 両出しにしました。 

但し、beyer DT770Pro 250Ωは業務使用のためかすごく加工が楽でした。



ネジとドライバーで簡単に分解できる、片出しのケーブルの渡りも
ヘッドホンバンドのボタンを外せば すぐ確認できるので
改造に もってこいです。



赤白の部分はリケーブルした導線です。
端子部のはんだ部も普通のHPより大きめなのでリケーブルにもってこいです。
で、お勧めの配線材です。通常のHPケーブルより太目かもしれませんが
beyer DT770Pro 250Ω純正のケーブルカバーにサイズが合っております。



これは、AVケーブルテクノロジー製のUT-1Q  (Yahooでショップも出されている)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/avct/
( 現在は後継のUT-1Q-MK2も出ています) です。

狭い車内で 高音質のスピーカーケーブルをというコンセプトの基に、
外径4.4oで 4芯構成、アニール処理された PCOCC-Aでは無く
硬銅線の PCOCCで輪郭を鋭く出す逸品です。
勧める理由が メーター840円という 低価格です。
(後継のUT-1Q-MK2の値段、旧製品UT-1Qだとメーター640円!)
http://homepage2.nifty.com/NEGY/index.html


現在は 新素材のPCUHDと最新高精度の銅素材を
提供しておりますので 品質は 最高レベルです。
性格は本当に高精度・高解像・原音忠実なので、
音楽性や雰囲気重視という方には 「硬い」 と思われるかも
という所です。


*****  2016.6.16. 追加情報頂きました。 *****


5月下旬に購入した基盤を形にしましたので報告です。


ケースを小型に、入力とスルーの切り替え、HP出力と
リ出力の切り替えのみと前回よりシンプルにしました。



アンプ部は約5倍に設定して、フィードバック抵抗には
20pFのマイカコンデンサを付けております。
出力抵抗の切り替えは基板外で付け替えが出来るようにしました。





前回製作した時もボリュームを絞った状態でノイズが出る問題が有りました。
今回、メインアンプに繋いで試したところ高域において
ノイズがかなり乗っている事が分かりました。

ボリュームを絞った状態でノイズが出るのは高域でのノイズが原因と
今回特定できました。 一番最初に素の状態で組み上げた時は
この問題はなかったので、 ゲインの調整によるものと思います。


///////////////////////////////////////////


又、今回HPも交換しました。
AudioquestのNightHawkです。

又、純正バランスもあります。



写真のようにHPへのケーブル接続が2.5mmプラグになっておりますので、
バランス化改造が非常に楽です。



しかし、外径が細いのでeBayで購入した細めのプラグが必要です。



又、純正バランスもあります。







*****  2016.8.25. 追加情報頂きました。 *****


  今回のTPA6120A2-Twinで凡そ整理がついたので報告します。

1.ノイズはアース処理が原因→ノイズの発生は 大方各
  配線時におけるアース処理による物でした。

2.ゲインの調整はトランスが便利→HPアンプ部のゲインが
 固定されているためプリドライブのOPアンプの増幅率を
 変えたくなるが、帰還量が少なくなる事による音質の
 劣化が心配。

 そこで OPアンプ増幅前に トランスで増幅してやれば
 絶縁もできて良し。  余程コアの小さいトランスでなければ
 歪も無し。 ちょっと気難しい OPA637を 5倍ゲイン調整で
 使用しても問題ありませんでした。

  ・ミキサー用トランス
 

  ・マイクトランスでも問題無し
 


  3.出力部もいじる余地有り→そのままの結線、トランス、
   抵抗調整で変化有り。 そのままの結線だと
   (アース処理が悪いと)ノイズが入り易し。
  トランスは物によって音が丸くなりすぎます。
  抵抗調整を適切に行えれば 一番良さげです。
 

  ・トランスの場合
 


  ・バランス型抵抗分割
 


 TPA1620A2W基板を使った バランス型ヘッドフォンアンプの制作例をお送り頂きました。 

ポストオペアンプの交換や ATT追加等等の改造で 若干トラブルがあったようですが、対策も含め 完成までの レポートをお送り頂いたので、とても参考になります。



また、DT770 PRO のバランス型ケーブルへの 改造 (リ・ケーブル) についてもポイント をリポート頂きました。特に beyer の 同等ヘッドフォンをお持ちの方には 大変参考になる リポート内容になってると思います。



ありがとうございました。




( お断り:
掲載の都合上、若干文章・レイアウト について編集させて頂きました。 )
 YNS様より

PCM1791-all in1
 +PGA2320
 +LME49600



 

13



 
PGA2330(電子ボリューム) + PCM1791(オールインワン) + LME49200(HPA)を アッセンブリーしてDAコンバータ + ヘッドホンアンプ + ラインアンプとして使えるよう  タカチのケース(LM200)に 組み込んで見ました。



所がハム音対策の為 当初の目論見と異なり 電源トランス別体になって居ます。
回路構成は 安定化電源部は スペースの関係上、ユニバーサル基板に組み (±15,±5) LM200に 内蔵、DAコンバータと 電子ボリュームは リレーを使用しての直接切替、リレーからハム音の様な ノイズが出た為 専用に 5V電源を追加をして居ます。



コンデンサ、コモンモード追加等対策は取って見たんですが、最終的に PGA2330 + PCM1791からそれぞれ出るホワイトノイズのような [サー]っと言う ノイズ音が消えません。 手持ちのHDR558、ATH-A7R(インピーダンス32Ω程度)では それ程 大きなノイズ音では無いのですが iphoneのイヤフォンを接続すると かなり大きな フロアノイズがします。 DAの無信号時に似た様な音です。






 < 対策編 >

HPAへのATT追加、HPAのゲイン縮小設定にて フロアノイズが無くなる事が確認出来ました。
ゲイン変更のみだとまだ少しノイズが残ってるますが 問題ない範囲です。
HPA の R703,704 : 1k ⇒ 100Ω 変更   ゲイン1.2倍  気にすれば感じる程度

入力前段に 11dBのATT挿入 (インピーダンス600Ωπ型)   ゲイン1倍


 ! 問題 解消 !

ありがとうございました。



 

YNS様より DACと電子VR基板、ヘッドフォンアンプ基板を組み込んだ作例を お送り頂きました。


高感度な ヘッドフォンをご使用した場合、ノイズが気になったとのことです。

トータルゲインを下げる工夫をして 対策された結果も含め ご連絡頂きました。

ヘッドフォンで取聴する場合、スピーカー取聴とは 「異なる構成・設定を要する」 という、良い例かと思います。 

参考になります。



ありがとうございました。 
  KJM様より

HeadPhoneAmp10 試作2


 
14
 
 New !!

今回はラズパイ3(初購入です)を使って 試作2となりました。
音を聴いてこれまた驚きました。(駄耳ですが) 音の出方も好みです。

  
試作2構成は 下記の通りです。
 ・コントローラ本体:ラズパイ3(贅沢にも音楽再生専用で使用)
 ・コントローラOS:Volumio2 (V2.201)
 ・DAC:PCM5102A (秋月電子のDIP化キット使用)
 ・HPA:御社LME49600[Type-A] (入力カップリングコンデンサは未使用設定)

シールド線等手間のかかる事は一切しないで シンプル(手抜きです)に構成してみました。
ケース穴加工5個、基板固定は強力両面テープです。
ヘッドホンを使わないときは ケース後方のジャックに音声信号が出る様にしており ここに 某雑誌付録のデジタルアンプを接続してスピーカーを鳴らしています。

前作では HPA電源強化等といっていましたが 音源を変えるとここまで変わるのかと ・ ・ ・
私には 十分な性能だと思います。
Hi-Rez再生ができる様ですが、今のところ手持ち音源(MP3 320Kbps)で 十分満足です。
今回も暫くこの状態で使い続けることでしょう。

P.S
ラズパイ3内蔵WLANは、不思議なことにアルミケースに入れても通信ができてしまい USB WLAN を後付けしなくても使えることが判明 ? しました
(理由はわかっていませんが これはこれで便利です)。


 
RasPi 関連追加情報iも頂きました
 ***RasPi3のMP3ソースはSDカードに入れるのでしょうか**********
 ***RasPi3の環境やノウハウなどもご連絡頂けると幸いです********

ネットワークドライブを参照しております。
16GBのSDを使っておりこれで十分だと思っていましたが、過去の音源も再視聴したくなり USB HDDに入れたりして いましたが、CDリッピングを考えますと 共有パソコンを参照した方が 便利なことが分かりました。

再スキャンには時間を要しますが重宝しております。

  

  

2ヶ月ほど前にラズパイ入門したばかりで ノウハウなどは持っておりませんが動作環境を記させて頂きます。 特に変わった事はありません。

---------
接続環境
---------
インターネットルーター
 ↓
有線LAN(GigaBit) → リッピング&ファイル共有省エネパソコン(Windows10)
 ↓
無線LAN中継器
 ↓
無線LAN → タブレット
 ↓
本機Volumio2+DAC+HPA

※ 無線LAN中継器から 2m以内では快適に使用できます。
  4m離れると たまに音切れが発生する状態に陥ります。

私が今始めて ラッキーだったのは下記要因が重なった事が大きいと考えます。
 ・ラズパイ3のCPUパフォーマンスがUPしたこと。
 ・VolumioがVersion2にアップされた時期で安定動作する状態になったこと。

併せて、Linuxの知識なしでも使えるようになったこと。
 ・ネット情報に多くの運用例がアップされていること。


以上 宜しくお願い致します。



P.S 妄想です。
発売予定の 「AK4480DAC」にラズパイ3が 接続できたら最高だなぁ。と思います。
私が作るなら「なんちゃってDDC」と、HPAは 「TPA6120A2 シングルタイプ」を
組み合わせると 気に入った音が出そうに思います。 この時は電源をちゃんと作らないと
罰が当たりますよね!?



  KJM様よりLME49600版HPA改造記事お送り頂きました。


綺麗な仕上がりですね。 長く使えそうなしっかりした造りです。 この仕上がりが 音にも影響するんだと思って、当方も一生懸命ケース加工するのですが なかなか苦労が報われません。




さて、RasPi3のMP3ソースは SDカードに入れるのでしょうか。

できれば、RasPi3 の環境やノウハウなどもご連絡頂けると幸いです。






















RasPi の件、情報ありがとうございます。
RasPi-3 は良くなりましたか ・ ・ ・

入門2ヶ月目で モノにされたんですね。 すごい。 
当方、RasPi-1のA/B、RasPi-2B、RasPi-Zero と手を出しての挫折で、まぁ 所詮こんなもんか、と。

「あつものに懲りて なますを吹く」 てな状況です。



情報ありがとうございました。
   


±15V+5V
電源基板


1


★薄型ケースに入るような、背の低い電解コンデンサを使用してはどうか。








< goto TOP >


・アドバイス、ありがとうございます。
  検討させて頂きます。

 検討結果を こちら にアップしました
DAI/DAC 関連
カテゴリ ユーザ様からのコメント等 Mi-Take / コメント・対応予定など




DAI/DAC

SC8416
 +PCM1794



1-1

Ver.4基板

早速ケースに組み込んでみましたが、素晴らしい音質ですね !
音の傾向が違うので単純に比較できませんが、エソテリックのX-05内蔵DACにまったく引けをとっていない感じです。
総材料費2万円ちょっとでこの音は驚きですね。

X-05と比較試聴頂き、光栄です。
ほぼ互角とのご評価は、とてもうれしいです。



1-2
Ver.5基板

1枚でステレオモードで使った時よりも音の力強さや弱音部の表現力(解像度)が段違いに良いです。
以前、X-05の再生音にも劣らないと報告しましたが、モノモード仕様にすることによってX-05以上のものになったと思います。

PS.オペアンプをいろいろ交換して聞き比べてみましたが、当方の趣味ではIV変換にリニアテクノロジーのLT1364差動変換にNSのLME49720がベストです。

(上記Ver.4から Ver.5にアップされた方のレポートです)

レポートありがとうございます。
ついに X-05 の内蔵DAC超えましたか。 いいですね〜

さて、LT1364を I/Vにご使用とのことですが、Goodチョイスかと思います。



2

子供から「きちんと箱に入れた上で誕生日祝いにほしい」 と強硬なる要請がありまして箱に入れてみました。  DACの箱は子供に箱ぐらい自分で準備しなさいと言ったところ「これで!」と菓子箱を持ってこられて墓穴を掘ってしまった気がしております。

 特にDACは音質が素晴らしく、もっと良いトランスポーターを繋いでやらないとかわいそうかもしれませんね。  ちなみに箱のサイズは150Wx150Dx40Hくらいです。







( ケースに使ったお菓子 )

よそ様からの頂き物ですがこれみたいですね。

http://www.henri.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=780759

 ケースと考えれば\2,100と安いですしおいしく食べれましたからお勧めかも。
 工作はちょっと手間ですけどね(笑




 ”amraamさん” 
写真、ありがとうございます。
 
お子さんへのプレゼント !
すばらしい力作です。





DACですが、これが お菓子のケースですか?  品良く仕上がっています。

サイズも 最初から狙って作ったのでは? と思われるほどぴったりサイズで ケースの色と柄も 言われなければ お菓子の箱? とは分からない品の良さです。

パネル部はサブシャーシで しっかりと構成されているようで 脱帽ものです。 


恐れ入りました。




CDP(ATAPI)の写真も
頂いています。

こちら

DAI/DAC

DIR9001
 +PCM1792

3

 Imacの光出力とぺるけ式ヘッッドフォンアンプの間で調子良く使っております。ゲイ
ンコントロールはプチプチノイズは気になりますけど音が気に入りました。アンプ側も
そこそこの部品を使っているのですが、取っちゃおうか迷ってるくらいです。 

 ケースに入れる際に、トロイダルトランスは入りきらず、小型トランスにて組みまし
た。なんちゃってシールド付きです。将来的に平衡化する時は別電源にしないと入りき
りませんね。レイアウト変更が楽に出来るようスペーサーは接着タイプを使いました。
とりあえず  ヘッドフォンアンプとチボリへ信号をそのまま流してます。


 慣らしが済んだらどんな鳴りをするのか楽しみです。
 オペアンプもミューズ01の透明感がお気に入りなので交換考慮中です。









◆ 追伸 ◆

さてMuses01を1個のみバッファのほうに入れてみたところ、背景がすっきりとして音楽
が浮かび上がる感じです。ちと線が細いのとソプラノの上あたりがややきつくなります。

鳴りっぷりの好きなopa627も試したのですが、好みはMuses01でありました。

初段に入れた方が効果は多いでしょうが今後基板を増設する事を考えると
躊躇してしまいます。
ロットがそろうならあと一個買って試してみるつもりです。
(627も01も300時間以上 エージングしてあります)










センスいいですね。

シンプルながら美しさを感じさせる 造り・加工は難しいといつも感じます。

特に、MACを使っている方はデザインセンスが良いです。 Tivoliとのデザインマッチも良いことと思います。

Muses01は聞いたことがないので、また レポート等頂ければ幸いです。




















◆追伸で Muses01の試聴レポート頂きました。

 Muses01 なかなか良さそうです。
ちょっと高いのが玉にキズ、DAC基板より 高く付いたりして しまいそうですが。

モノラル構成
DAC




DAI/DAC/差動バッファ

+

電源









さらに





LME49600Buff
(差動出力を
駆動)

+

電源2回路



4

組みあがり、音を出したところです。   /dec.2010


無事音が出て、非常に良い音で、今まで18年間使用してきた
エソテリックのX-1よりはるかに良い、空間再現性と
残響の消え方の自然さに感心しています。

キースジャレットのケルンコンサートを聴いて
キースがほとんど唸りっ放しであることに気づき
びっくりしています。

今まで聞こえていなかった細かな音、拍手の自然さ、
を感じることが出来ました。

本当に良いものに出会えてうれしく思います。






◆ 追伸 ◆

ケースは上下の板はアルミですが、残り4面は鉄板なので、ご察し
の通り、角穴含め丸穴も直径が大きな穴の加工は大変でした。
ケースの金額より、穴あけ用の工具費用の方が結局高く付きました。





電源部を追加し、TWIN電源にしてみました。  /mar.2011


LME49600が思った以上に電源による改善効果が大きく、
今までで 最高の出来になりました。

組み込んだ写真を送付させて頂きます。

また以前、問い合わせさせて頂いた SPDIFのSWの所の
配線を 1.5C2Vで配線したところ、問題無くなりました。

音楽を聴くのがとても楽しくなり、感謝しております。





ケーシング以外の要素を Mi-Takeより納品させて頂いた例です。 LCD表示も付けて頂きました。


手頃なサイズのケースにしっかりと収まっていて使いやすそうです。 
LCDの角穴加工や光端子の孔加工は大変だったと思いますが、すごいですね。


(シャーシが鉄板の様に見えますので・・・加工が半端なく 大変そう )


Keith Jarrett 佳いです。
Melody At Night, WithYou
好きな一枚です。
























◆追伸で シャーシの材料情報
  頂きました。


やはり、 鉄板との事。
工具代が高く付くのも 厭わないのは、
マニアならでは の特権・・・?








 う〜 !!・ ・ ・

現在、これ以上の組合せは無いのでは? と思われる、最強のコンビネーションにして頂きました。  私も ここまでの組み合わせでは 試聴していません。 

見ているだけで、どんな音がするのか期待で ワクワクしてくるような セットに仕上がっています。  

USB Audio
(PCM2704/TCXO)

+

PCM1792/DAC
(+DIR9001+制御)

を1ケースに
統合

5



光入力端子 音出ず

光デジタルのみ鳴ってくれませんでした。その後も何が間違っているのか1点、1点確認しましたが 原因が突き止められず 完全に「マイッタ」状態になりました。

折れそうな気持ちを奮い立たせ 原点に戻ることにし、PCからUSBケーブルでは 本体切替SWで切替ることで OKなのだから光受光部の不良か 光デジタルケーブルの不良しか無い の結論となるが 光ケーブルの先端は 赤く光っている。 で、受光部の不良?の結論となる。

シンクロで 受光部波形を観測すると やはり無信号でしたので 自分の中では 受光部の不良に大きく傾いておりました。しかし、念の為にケーブルのテストを他のセット(DVDレコダーから PDPテレビに接続すると何と!音が出ない!  (え、そんなバカな 先端は赤く光ってるではないか)

違うセットで再確認するも 結果は「音でず」で ショックでした。

ケーブルを手の感触で確認すると 途中で感触が違う箇所が有るのに気付き カッターで被覆を剥くと 何と「光ケーブルが中で折れているではないか」 本日 早速にケーーブルを購入し接続、真空管アンプ(300B P-P)での音だし確認をすると オ〜「音が出た」ではないか!

 // 〜中略〜 //

CDテスト結果は 大変素晴らしい満足のいく音です。 1番の違う点は ダイナミックレンジが大きく違います。
特に 高域は痩せ細りしない所で とにかく高音がキレイに出ます。 次に違う点は 音像フォーカスが取れており 特にボーカルの音像がなんとも言えず気持ち良く聞こえます。

 // 〜後略〜 //











光端子から音が出ないとのことで、悪戦苦闘をされました。 結果的に、光ケーブルの不良でしたが 

「 問題を解決するための原因追及方法」、

とても参考になるレポートを頂きましたので、折角ですので掲載させて頂きました。

ありがとうございました。




デジタル機器、初挑戦とのことでしたが、基本を抑えた作り込みは さすがです。

合計6枚の基板を使用しているはずですが、各基板を、スタック(積み重ね)して 組み込んでますので とてもシンプルに見えます。


System72基板の特性を うまく使いこなされている例です。



  System72 とは



強化電源使用し
カスタマイズ
にも力を入れた

PCM1792/DAC

6


電源部とDAC部を分離。 トランスはPhoenix、以前fujiwara DAC で使っていたものの再利用。±15Vが fujiwara氏の高精度電源(再利用)、5Vは家に転がってたelekitの正電源安定化電源 で8Vにして送電、DAC部内でbellesonのレギュレータで5Vに落としています。(DAC部の内部に転がっているように見えるヒートシンクに取 付。ここらへんはそのうち手直予定。)



 デジタル部の電解コンデンサには、手元にあった10uFのOSコンを裏からパラっていま す。アナログ部にもUTSJが裏からパラってあります。 SPDIF入力はAudioFino DOT-23経由で入力。DAC出力はLundahl LL1538(再利用品)経 由で出力 アナログ部の赤い抵抗はPPP、I/V抵抗はアルファに換装。 I/V部OPAMP LM49720、 基板などに貼ってあるのはOYAIDEの電磁波吸収体です。 基本的に、ストックのままだと出力が大き過ぎる感じがあります。1796/1798でも出 力過大と個人的には感じていたのが1792・1796を選択しなかった理由です。 。PC経由で96KHz/24bitファイルの出力をすることが結構あるので、デジタルボ リュームは基本的に非使用です。24bit出力をする場合には、デジタルボリューム付 32bitDACが羨ましくなります。(Squeezebox Touch or USB DCC経由での出力) 現時点では、192KHzファイルも出初めて入るようですが、音質的にも96KHzのものと 大幅に違うものが出ていない状態です。この状況ではDIR9001でも問題はありません が、将来的には96Khz止まりだと性能的に不安です。







 5V系の一般的3端子レギュレータは結構リップルがあるようです。ここをDEXAと かBellesonのレギュレータに換えると結構音が変わります。SYSTEM72として5V用高安 定化電源をディスクリートで組んでみるのも面白いんではないかと思います。



カスタマイズについて
とても参考になる例をご連絡頂きました。




すごい電源ですね。 メインアンプ並みの強力電源部です・・・・・


Lundahl LL1538のラインアウトも良いチョイスです。

基板の改造も徹底されており、改造ポイントなど とても参考になります。


 

OTON 様の
ページに リンク




センス良い
ケーシングの
DACです.





7


先日、お送りいただいたDACを組み立てました。


とてもいい音で感激しております。


こちらから Webにリンクします。







外装パーツの使い方が抜群です。


ACケーブルコネクタは、特に参考になります。




IZK様より.

各ブロックに
専用電源を
奢った

ネットワークDAC



8

とりあえず完成しました。

フロントパネルなどのレタリングはまだですけど、音はしっかり出るようになりました。
 




 
音楽の再生はネットワークPCを使っています。音楽データはLAN接続の外付けHDD。
再生にはALIX3D2というPCを使いOSにはVoyage MPD を使っています。
再生される音は今までのDACに比べられないくらい素晴らしいものです。

音の傾向は使うオペアンプでどうにでもなるのであえて表現しませんが、本当に素晴らしいです。
ちなみにいくら位の音なのか店舗にヘッドホンと聴きなれたCDを持ち込んで聴いてみましたが、アンテロープのZODIAC GOLDにも負けていないと思います。

好みの問題位ではないでしょうか?



今回頒布していただいた基板はホームページの製作例を参考にMDFボードに付ける様にしました。なにせ基板の数が多いのでとても直接ケースに穴あけする気にはなれなかったのと、基板を少しでも質量のあるものに固定したかったからです。MDFボードは18mmを使いました。
 
まず入力ですが、今回はX-MOSのUSB AUDIO 2.0 REFERENCE DESIGNをDDCとして基板を一緒に入れてしまいました。




同軸とI2Sを比べてみたのですが、自分的にはI2Sの方が良かったのでこちらを使うことにしました。ほかの方のアドバイスにもあるように接続のコードが長くなってしまうと反応しないため、可能な限り短くするためセットに入れてしまいました。
だたし、LCDも折角あるので同軸の入力にも対応できるようにDIX基板は載せ、音質の劣化を少しでもなくすため入力の切り替えはコネクターの差し替えにしました。基本的には差し替えは新しい機器の導入時くらいしか使わないと思ったので割り切ってしまいました。

今回はHPAにも美武さんのLME49600を使わせていただきました。
そのため入力はUSB、出力はヘッドホン端子というシンプルな作りになりました。
 
LCDも穴あけが大変そうだったので最初は付けるのをやめようかと思ったのですが、オペアンプなどの比較をするときに音量が正確にわかって比較した方が良いのでやはり搭載しました。
 
電源は3電源。
5V用、±15V用、HPA用の±12V。 
それをLED電源にて電圧を調整して、各々にコンデンサーアレーを付けてそこから各々の基板に直接配線しました。




フロントパネルなどのレタリングはまだですけど、音はしっかり出るようになりました。






DIX9211+PCM1792x2
+IV変換基板 の構成ですが、完全に基板を使いこなして頂いてます。


ありがとうございます。





FNKS 様より


DAC+HPA
の組合せです




9


無事ケースに組み付けが完了し,綺麗な音を堪能できましたので
感想を送ります.今回 購入させていただいたのは下記になります.

・DAI/DIR9001+DAC/PCM1792
・LME49600 ヘッドフォンアンプ(type-B)
・電源基板 type-STDU 15V用

これに対し,ケースとLCDは下記のものを使用しました.

・ケース:タケチ HEN110620
・LCD:秋月電子 SD1602HUOB(-XA-G-G)

スイッチは近所の電子部品屋で見かけた比較的古めのシーソースイッチを使っています.
LCDや端子類に場所をとられたため,最後はケース内が酷いことになりましたが,
コネクタや基板の組み合わせを考え直してなんとか押し込みました.

system72基板は組み込み時の自由度が高い点が便利ですね.
ケースの反省点は,レタリングが結局テプラになっている点です.

音の感想ですが,正直ここまで綺麗に鳴るとは思っていませんでした.
ヘッドホンにはSONY MDR-7506を使っていますが,音のエッジが鋭くなったような感じです.
前の音に消されていたような音も聞こえるようになったように思えます.

これがDACのおかげか,ヘッドホンアンプのおかげかは自分ではわかりませんが,
非常に満足しています.













角穴加工うまいですね〜

これだけの加工ができると 楽しいでしょうね。

LCDも オレンジ色のものを採用して うまく処理されてます。

KWB様より

HiFaceと組合せてPC Audioを楽しんでおられます



10
DAI/DAC基板(CS8416とPCM1794) と NE5534 IV基板を購入しました。
お陰さまで 現在快調に作動しています。 NE5534の基板はスタンバイとし
作例を参考に トランスドライブを採用してみました。

M2Tech の hifaceを筐体内に置き DAI/DACに接続しました。トランスからの
アナログ出力を AD797の ICでバッファーしています。



PCで Linn Records の siteから音源(192Khz, 24bit) を ダウンロードし
Audirvana で プレイバックしている場面です。
また DVD の WAV音源(176Khz, 24bit)も 問題なく 再生出来ます。




この様に楽しんでいますのでお礼と報告です。



 作者のこだわりが 感じられる レイアウト&加工で、 良いですね〜。

シンプルなのに、いい音 しそうな気配が漂っています。(私も トランスIV 結構好きです)


ラインセレクタとしても 使えるようで、実用的なポイントを しっかり押さえてます。


DIY の お手本となる作例かと思います。



MRT様より

DIR9001
+PCM1792
+制御基板
バージョン
完成 !

11
ずっとバラック状態で組み替えながら2種を使っていたのですが、
この連休にようやくケースに入れることができました。


組み込んだ基板は、Soft Mode DACの方です。

あらかじめちゃんと考えたつもりでいたのにもかかわらず、実際に作ってみると
トラブルがあれこれ発生(電源スイッチとサーキットブレーカが干渉したり、 
新規購入したトランスの結線を間違えてブレーカが落ちたり・・)。
 電子ボリュームは12時の位置を過ぎないと音が出てこないので、
可変抵抗器の誤差が大きいせいかと思ってコスモス製(Bカーブ)に
変えてみましたが、同じでした。 また、オペアンプがかなり発熱するので、
ヒートシンクを乗せてみました。







次は残ったDAI/DAC CS8416/PCM1794の方で、
(ホームページで紹介されている)トランス式I/V変換を試そうと思っています。

タムラ製は高価なので、東栄変成器というところの600Ω(CT):10KΩ(CT)の
トランスを買いました(1個¥998)。 抵抗は1次側470Ω、2次側4.7KΩで
とりあえずやってみるつもりです。








IV変換用OPAにヒートシンク、 基板取付には絶縁ワッシャ、など細部にこだわりが感じられる仕上がに感心いたします。




 ( VR位置に関しては0〜-120dBが回転位置に対して、リニアですので センターでも-60dBです )






また、トランスの情報ありがとうございます。 なんか ちょっと良さそうな風情で、そそられますね。 値段も手頃だし・ ・ ・ ・ ・  試聴されましたら感想など、 ご連絡頂ければ 幸いです。






◇◇◇◇◇◇

まったく話は変わりますが・・・物撮り 上手いですね。 お送り頂いた写真 感心いたしました。

◇◇◇◇◇◇
SKZ様より

CS8416
+PCM1794W



12
過日、ようやく完成いたしました。

真空管アンプ自作マニアらしい、バタくさい配線(パイロットランプはネオン管!)に
なってしまいましたが、いい音で動作しています。

ケースは奥沢のO−2、ベースシャーシは、3ミリ厚の真鍮板、
フロントパネル(10ミリ厚アルミ板の加工)と側板は 完全自作で
製作したところ、重量は10kgを 超えてしまいました。
















像の中で、DACの上に設置してあるのが、10ほど前に
自作したパッシブセレクタ・アッテネータで、ラック最下段が同じく
10年ほど前に自作した真空管式3チャネルディバイダです。

左右に設置してあるアンプは、LOWチャネルが6AN8−EL34ULPP、
MIDチャネルが12AU7−EL34パラシングル(3結)、
HIGHチャネルが6463−300Bシングルです。

今回製作したDACは、当面、主役DACとして
活用したいと思っております。






■■ 追伸                                          .

パワーアンプはご指摘のとおり、左右対称の
モノラル構成です。
今回汲み上げたDACの前は、東芝のDVDプレーヤー「SD−9500」の
DAC機能を利用しておりました。
これはこれで、AD1955の3パラ/chだけあって
結構な音質だと思っていました。
しかし、I/V変換用オペアンプの性能も寄与しているのでしょうか、
1794モノ×2はさらに分解能が高く、密度の濃い
ダイナミックな音質に大変満足しております。




すばらしい仕上がりです。


ベースシャーシーが奥沢のシャーシとの事ですが、美しい仕上がりの化粧板やフロントパネル、内部の真鍮板と、超高級品としての雰囲気を醸し出してます。




ええっ・・と思うほどの仕上げレベルに感心しきりです。いい音させるための造りとはこういうものだ、との良い見本。




システムの写真もお送り頂いておりますが、アンプは左右対称型のモノラル構成なのでしょうか。 
システム全体がデザイン的に統一感があり、自作品とは
思えない完成度です。


まさに 「いい仕事してますね〜」


HNM様より

DIR9001
+PCM1796


超コンパクトDAC


13

バラックで試聴、アルミの板に 4枚の基板を付け タカチの放熱ケースに入れる
構想でしたが 訳あって 手持ちの 10*15*5 センチのケースに
無理やり 詰め込んじゃいました。








メンテもできない合体状態 ・ ・ ・  いけない組み込みですが ・ ・ ・



      
次回購入時は モノラル構成で 目いっぱい余裕のケースに 電源も強化して
作りたいと思いますが、このセットでも 我が家のシステムでは十分すぎる音です。
CDプレイヤーは 4万円程度、アンプはラックスL570、スピーカーはJBL
4312を売却してしまい、現在SONYの 8センチ&自作、
SPはJBL4306を購入予定しています。
特にパソコンからの DIF出力接続は 今までより良い音で CDプレイ
ヤー不要ですね、 ほんと音が良いです。
他にTA2020やYDA138など、ヤフオク買いのアンプ繋いで
遊んでいますが DACでここまで音が変わるのなら 高価な装置不要です。

オペアンプは MUSES01,02、8820,8920色々試しましたが
8920*3 に 落ち着きました。



HNM様より 超コンパクトにまとめたDACの作例を お送り頂きました。

10 x 15 x 5 のケースに 4枚の基板を収納していますが、とてもうまく 組合せてます。


HNM様は、N-JRCのMusesシリーズに とても造詣が深いので オペアンプの選択は参考になります。



HNM様のブログ は
   こちら  です。




HNM様より

DIR9001
+PCM1796


第2弾 !


USB Audio基板追加して ケース変更




14


前回のDACを別なケースに組み込みました。   ( ↑ この上 ↑ )

やはり金属ケースでしっかりタカチの放熱ケースは以前作ったDACの物です。
ほとんどの穴が流用できました。

今回USB Audio基板を組み込むのにDAI基板の下に重ねました。
USB端子は短いのでケーブル接続、多くの出力を持つUSB Audioですが
使用するのはパルストランス出力のみと言う事で下にしました。



接続コネクター付けると背が高くなるので
端子にケールは直接つけて背丈を低く抑えました。

DAC部分は購入後からだいぶ経ち荒も取れ非常に良い音です。
PC接続は秋月のDACキットを使ってましたがUSB Audioはご機嫌な音です。

DAC基板のオペアンプは MUSES8920 から MUSES01、02 マスクして
聞き比べ結局3つとも MUSES01 に落ち着きました。




ケースには後1枚くらい入りそうなのでLME49600 ヘッドフォンアンプ Bタイプ
を入れてみたいですね。



御社のキットは ユニバーサル基板で統一され 大変作りやすく
改造、組み換えレイアウトが非常にやりやすく 億劫なケース加工も
流用できありがたいです。




前回お送り頂いたDACバージョンを、 USB Audio基板を 追加して、ケースを入れ替えた バージョンをお送り 頂きました。


うまく 使い回しをされており、 これぞ 自作の真骨頂 ・ ・ ・ というところでしょうか。
 

ありがとうございました。





HNM様のブログ は
   こちら  です。
Combo384用
PCM1792 &
制御基板

15


DSD対応の制御基板とPCM1792/DACをアルミケースに納めました。


高さ35mmのケースなので、type-STD2 電源のコンデンサを
容量ダウンですが3300μFに交換、LCDは小型タイプを使用しました。



特にトラブルなく完成!。



DSDファイルも無事再生できました。ありがとうございました。

TMT様より
Combo384も含め、DSD対応DACとしてまとめた作例を送って頂きました。




DSD対応DACを 小型シャーシーに うまくレイアウトされてます。


各基板類を素材として、うまく生かして 料理されているので とても参考になる 作成例とおもいます。













それにしても、見事にレイアウトして 収めています。

HGO様より

DIX9211 +
PCM1792 mono



16





ケース加工と配線が終わりやっと組みあがりました。PC側に光出力しかなかった
ので光入力端子(Rx) 3Pコネクタ&ケーブル付きを購入しましたが、ネットを彷
徨ってるうちに同軸のほうがいいとの情報がたくさんあったので、PCのマザー
ボードのHDMI_SPDIFという端子からSPDIF信号を取り出しSPDIF入力にしました。
ケースの方もギリギリでしたがなんとか収まりました。

ハンダゴテから揃えるという初めての電子工作でしたが、適切なアド
バイスでここまで来ることができました。電源を入れるときはドキドキでした
が、出てきた音を聞いたら今までの苦労が吹き飛びました。感無量でした。写真
を添付させて頂きますが、写真を撮った後、内部配線のシールド線とRCAケーブ
ルを SOFTEC MIC CORD TACHII というものに変えました。(写真は内部配線がオ
ヤイデの HWS-20、RCAケーブルが Belden88760 です。)

組み上がってから夜な夜な聞いておりますが、このDAI/DSAから出てくる
音は本当に素晴らしいです。

ありがとうございました。




















上手い事、収めたようで 使い勝手も良さそうに仕上がってます。


初めて?との事ですが、とてもそのようには見えません。



ケース購入前に、一度アルミ板を加工した シャシーに入れてみて、ケースを選択するなど 段取りの良さが結果に表れてるんでしょうね。

隙間無く基板を埋めてる様子に感心するばかりです。 



真似したくても、なかなか出来ない芸当です。




なお、HGO様のブログも お知らせ頂きましたので 是非ご覧下さい。 


    こちら

 


KWB様より

HiFaceと組合せた
第二弾をおくって頂きました。


17

今回のDAC制作の とっかかりは オークションで 花岡無線電機製と
見られるトランスを 安く落札したことでした。 形と寸法が タムラのTpAs型と 同じことと
タムラでの使用レベルが 7dBmとなっているので CS8416とPCM1798 の基板に
組み合わせ 5V電源だけで コンパクトに USB DACが出来ないかと 考えました。



問題はインピーダンスが600:600で出力が足りなさそうなのですが
コンパクトさとはトレードだと割り切って組み立ててみました。






SP-DIF 出力はジャンパーピンで対応することにして外部スイッチは省略です。


完成以来 ずっとデスクトップの脇において 使用しています。
CS8416とPCM1798 基板の良さを感じながら 安定して動いています。
ただ予想したように チューナーに切り替えるとやはり 出力レベルの
問題が浮かび上がります。







レポートありがとうございました。

巻き線比 1:1 のトランスを使うと、出力レベルは低いのですが昔の真空管アンプ等の場合、250mV〜300mVぐらいの定格入力レベルなので組合せとしては、手頃なレベルで 都合良かったりします。 


また、トランスIVは真空管と相性も良い・・・?等と思ってます。



シンプルなもの の方が、長く使えるような気がします。



MT様より

完全対称型
DACの作例
です


18

手持ちのシャーシを改造しDAC基板を組み込みました。
リア側にDAI基板、DAC・I/V変換基板、平衡/不平衡変換基板の3ヶ配置し
フロント側に電源基板、トランスを配置し、5枚×2セットがバランスよいレイアウト
になりました。



DAIを外側に、中央にDAC、中側に平衡/不平衡基板を配置し左右対称に
しました。ケーブルもそのまま使うことができました。
AC100V配線と平衡/不平衡変換基板が近くノイズが乗る心配がありましたが
音を聴く限り影響はありませんでした。



一応デジタル入力は同軸ケーブルを使い、アナログ出力は0.5ミリのOFC単線に
してあります。



手持ちにデノンのオーディオチェックCDがありましたので聴いてみたところ左右とも
問題なく再生されました。たぶん、位相もOKだと思います。



音質の感想ですが、手持ちのラックスD−06と差を見つけるのが難しいほどすばらしい
音質です。 美武クリエイトさんのDACの方が出力が大きく(6dbくらい?)のではっきりと
比較になりませんが低音の押し出しはまさっているような気がします。
DAIからすべてモノラル×2にしたことが良い結果になっているのかもしれません。
しばらくこの状態でエージングしたいと思っています。

PCM1792DACが左右独立のモノラル×2の贅沢な仕様でが4万円強で実現できたこと、
また組立が容易で特に苦労することもなく短時間でできたことに大変満足しています。
ありがとうございました。


L/R完全対称型のモノラル動作DACの 作例を送って 頂きました。 

(11月に送って頂いていたのですが Webアップ遅れて申し訳ございません)




高度な組合せを シンプルに
(簡単そうに見えるところが 技ですね〜)
まとめて下さいました


デジタル入力端子から アナログ出力まで 完全に2系統の構成です。 一つ間違えると ゴチャゴチャになりかねませんが そうならないように 組み立ててます。



参考になる造りです


ありがとうございました。


追記
ご質問が時々ありますので参考までに。

Q:
左右にDAIを使ってズレの問題は無いのか?


AS:
左右のDAIから出た信号が ズレの差分として発生するのは、スピーカーから出た音声が空間で合成される場合に発生する。それまでは無関係に信号は伝達される。
 もし、デジタル信号1クロック分ずれたとして、44.1KHz で 1クロック分のズレは、音速で逆算すると、7.5ミリぐらいに相当する。
 つまり、頭の位置が7.5ミリ動いたら チャラとなるわけで、全く問題にならないズレと言えそうである。
もっとも、1クロック分ずれるなどということがあろうハズも無い。
 つまり、今回の完全左右独立構成は
百利あって一害なし」  ということ。
MKM様より

DSD対応の
ポータブルHPA


(USBバスパワー)






第二弾
DSD1792
+ トランスIV










第三弾

PCM1795
Network Player



 


19 

DSD対応のPCM1791を購入いたしましたが,ケースに入れた
「ポータブルDACヘッドホンアンプ付」 が完成いたしましたので報告します。

ポータブルにしたかったので,「USBバスパワー駆動」 と
「ヘッドホンアンプ内臓」で,極力小さくすることを目標にしました。

ケースは基盤を組み合わせて,最も小さくできそうな,
タカチのUC100(幅100高30奥行140)にしました。



電源はコーセルの5V→±15VのDC-DCコンバーターZUW30515とし,
ヘッドホンアンプとしてはOPアンプ1個のChumoy式としました。
ケースに収めるのは大変で,combo384と電源基板は上下反対にして
ようやく収まりました。

Chumoyアンプはフロントパネルの後ろに縦に収めました。
接続のケーブルはコネクタのすぐ後ろで折ってようやく蓋が締まる状態です。

オペアンプは,DACはOPA2134のまま,ChumoyアンプはMUSE8820です。
ゲインは10倍,入力抵抗は小さくしてあります。

気を使ったのはDC−DCコンバータの入出力にはコイルと
コンデンサーのフィルタを入れたこと位です。

なお,デカップリング,カップリング共にコンデンサーはUTSJに
ECHUを抱かせています。



さて,完成して出てきた音はもう驚くばかり。ソースはMR-1000のDSD5.6でライブ録音したクラシックが中心ですが,滑らかで細かい音が実によく出ます。「大人しいが芯がある音」という感じです。

なにより驚いたのは,ライブ録音の第9で,オーケストラと合唱の,さらに合唱の各パートのバランスが録音では悪いと思っていたのですが,DSD5.のネイティブ再生では,あまりそれを感じないということです。 確かにバランスは悪いのですが,細かな音をきれいに,非常に高い分解能を持って再生すると,細部の音がよく聞こえるためだと思いました。

これまではPCMに変換した音を聞いていたので,DSDネイティブということと,mi-takeさんの基盤の素晴らしさによるものと,とても感謝しております。

電源のバスパワーについては,心配していましたが,大きなハンデは感じません。Chumoyアンプも±15Vかけてるためなのか,充分な力強さがあります。ノイズもほとんど聞こえません。

今回は大成功だったので,今度はPCM1792の方で,しっかりした電源と,ヘッドホンアンプを作り,もっと上を目指そうと思います。




第二弾のご連絡頂きました

DSD1792とPCM1795の基板を購入させていただきましたが,
DSD1792の方が完成いたしましたので報告したいと思います。

まず,外観の写真です。4台写っていますが,一番上が以前報告しました
PCM1791のポータブル型です。 2番目がエレクトロアートさんのUSBDACを用いたもの。
3番目がDSD1972を用いたもの。 一番下がLH0032を用いたヘッドホンアンプです。



ケースは,一番上がタカチの US-100(H30,W100,D140),その下3台はタカチの US-130(H30,W130,D180)で す。

前回はポータブルということで,無理に小さなケースに収めました。今回は大きなケースにゆったりと作ってもよかったのですが,以前に作ったヘッドホンアンプに合わせることにしました。

今回は小さく作るだけでなく,ちょっとこだわってもみました。

まずI/Vはトランス式にしました。はじめはタムラかルンダールにしようと考えていたのですが,ある方から紹介されて,クリスタル・オーディオさんのものにしました。600Ω10kの パーマロイトランスです。

小型化のため,DAC基板のオペアンプによるI/V部は部品を取り外し,トランスを載せました。 I/Vの抵抗は交換しやすくしてあります。値はmi-takeさんの実験のものと同じです。現在は何種類か聴き比べて,ソリストのものにしてありますが,今後もっと聞き込んで決定したいと思います。

電源は5Vだけで良いので,小型化には一石二鳥です。RSのトロイダル・トランスの二次側の2つを,ディジタルとアナログで分けました。さらにディジタル側は,2つの三端子レギュレーターで,制御基板とXMOSに別々に供給してあります。アナログ側は,TRによる定電流源+シャントレギュレーターによる安定化電源です。

また,DDCはCOMBO384ではなく,手持ちのXMOS(htpc.jpさんより購入)にしました。手持ちで遊んでいたのと,音が良いという評判があったからです。




上下逆に取り付けてあるのには意味はありません。
単にバックパネルの穴明けを間違えたためです。相性やPCM-DSDの自動切り替えの心配がありましたが,問題ありません。まれにDSDに切り替わらないことがありますが,プレイヤーソフトで1〜2回スタートボタンを押してやると切り替わります。
ミューティングについてはせっかくの新制御基板の目玉ではありますが,使っていません。 XMOS基板にリセット信号が出ているかどうかも分からないので,仕方がありません。

LCD表示については,ケースの都合で無理だと思っていたところ,aitendoさんの「極小キャラクタ液晶」があるのを知り使うことにしました。何と表示部が10mm×36mmという,驚くべき小ささで,バックライトもあります。ネットで情報を仕入れて,問題なく情報を表示することができました。ただ,四角い穴開けは難しく,私の技術では綺麗に仕上げられず,残念です。

さて,こうして完成したDSD1792の音ですが,DSD128のオーケストラ生録音の
データの再生を中心に視聴しました。

まず,PCM1791との比較ですが,静けさやレンジ感で数段上です。DACチップの違いやだけでなくUSBバスパワーで昇圧型スイッチングレギュレーターを使っているのでハンディがあって当然です。 しかし,改めてPCM1791の素晴らしさも感じた次第です。

エレクトロアートさんのusbdacですが,こちらはFPGAのDDCとPCM1794AにオペアンプのI/Vです。 音の違いは主にI/Vの違いによるものと思われます。エレクトロアートさんの方がレンジ感,ダイナミック感は上ですが,音の滑らかさや低音の弾むような空気感,高音の滑らかさと精緻な鳴らし分けはmi-takeさんのDAC+トランスI/Vの方が良いと感じました。

ケースが小さすぎて,電源の平滑コンデンサーが小さく(2200μF),また電源フィルターを入れていないこと耳で聞く限りハム音は入っていないのですが,トランス周りのシールド等,犠牲になったところはあるのですが,素晴らしい音に満足しております。

ありがとうございました。

さて,実はもう1つ,PCM1795基板も購入してあるのですが,こちらはネットオーディオのオールインワン再生機を作る予定です。DACとDDCだけでなく,小型マイコン(BeagleBoneBlack)も収めます。 こちらも完成しましたら報告したいと思います。



P.S
DSDデータですが,前回お知らせしたものに,昨年末の第九を追加しました。今回はオーケストラの音をクリアーに録りたいと思い,セッティングを変えました。オーケストラの音は以前のよりも良いと思いますが,合唱が小さくなってしまいました。

1〜3楽章は素晴らしい演奏だと思いますので,ぜひ聞いてみてください。



第三弾のご連絡頂きました

PCM1795を用いたNetwork Audio Playerが完成したので報告いたします。

3台を重ねて正面から撮った写真


1 PCM1791を用いたヘッドホンアンプ付きポータブルUSB-DAC
ケースはタカチのUS-100(幅100高さ30奥行140)です。 バスパワーで駆動します。DDCにCOMBO384を用いたものです。

2 DSD1792を用いたDSD-DAC

ケースはタカチのUS-130(幅130高さ30奥行180)です。 AC電源内臓です。DDCにXMOS,トランスI/Vにしました。

これらは報告済みで,素晴らしい音を奏でております。
一番下のものが今回報告するものとなります。

3 PCM1795を用いたNetwork Audio Player
ケースはタカチのUS-160(幅160高さ40奥行210)です。 マイコン(BeagleBone Black)+ XMOS-DDC+PCM1795 にAC電源を一つのケースに収めた一体型のネットワークオーディオプレイヤーです。 BeagleBone Blackには lightmpd をイントールしてあります。


DDCをXMOSにしたのは,BeagleBone Blackと相性が良いからで,combp384だと DSD の再生の時にノイズが乗ります。 XMOSだとそのノイズがなく,DSDとPCMの自動切り替えも問題なくできます。 ただし,mutingのかけ方がわかりません。ピンを調べれば対応できるかもしれま せんが,まだ試していません。

まず外観ですが,今回はLCDに秋月の「超小型LCDキャラクタディスプレイモ ジュール」を用いました。 ケースに角穴を開けるのが非常に難しく,前回の写真で分かるように,私の技術 では綺麗に仕上げられないいので, 共立エレショップのアンプケースのアイデアをいただき,パネル前面に2mmのア クリル板を留め,厚紙を挟みました。 紙だとはカッターでカットすればよいので簡単です。(とはいえ,思ったほど簡 単ではなく,近くで見るとアラがあります) 文字入れも紙にプリンターで印刷するだけです。

写真ではわかりずらいですが,けっこう質感が高く,高級感もあり,大成功だっ たと思っています。 内部ですが,写真上部右側で裏返しになっているのがXMOS基板で,その下に Beagle Bone  Blackがあります。 放熱に配慮し,少しずらして配置しました。

電源部の占める割合が大きいのですが,少々こだわり,3個のトランスと,6個 の定電圧電源を用いています。  一番上のトランスは BeagldBone BlackとXMOS用の5V電源用です。 二次側の 2つのコイルは並列とし,2つの三端子レギュレーターにより,別々に 給電してあります。 BeagleBone Black用には 少し大きめの放熱器をつけました。ほんのり温かくなる 程度です。 トランスの二次側は 7V1A×2で小さ目ですが,発熱もなく 容量的にも問題ないと思 います。 真ん中のトランスは,制御基板と DACの5V電源用で,トランスの二次側を別々に しています。 制御基板には 三端子レギュレーターで,DACには シャントレギュレーターで給電 しています。

下のトランスは,I/Vと差動合成のOPアンプの±12〜15V電源用です。 シャントレギュレーターを用いて,電圧は可変できるようにしてあります。 15VだとOPアンプの発熱が少々気になったので13Vにセットしました。



さて,今回の一体型ネットワークオーディオプレイヤーですがMPDとしてvolumio とlightmpdを比較しましたが 音の良さと,NASの検索の速さ(圧倒的に速いです)からlightmpdにしました。 またlightmpdは,電源OFFが気軽にできるもの画期的ですし,起動の速さもあり ます。 volumioはweb画面を持ち,設定がしやすいのですが,その他の面ではlightmpdを 採用しない理由はありません。


一体型にしたことによるマイコンからのノイズの心配がありましたが,全くその 心配は感じません。 十分に満足できる音質です。 同じlightmpdをインストールしたapu1c+トランスIVのSD1792が芳醇な音とすれ ば,今回のものは メリハリがありながら 繊細な音と感じます。 オペアンプを,LME49990にしたのも 良かったのだと思 います。



これまでの3台はどれも使い勝手と小型化にこだわりました。
次はもう少し大きくなっても良いので,余裕をもって,さらに高音質にこだわり 作りたいと思います。

3台のDACを作ってみて,どれも素晴らしい音で満足しています。
これほどのものを,とても安価に提供していただき,とても嬉しく思います。
これからも自作の楽しみを味わいながら,良い音楽を良い音で聞きたいと思います。



PS:DSD1792を用いたUSB-DAC の方も,
電源をディジタル部 と アナログ部に完全に分けて給電するようにしました

PCM1795基板と時と同じく,ポイントレギュレーターの入力側のパターンを カットし制御基板の方から5Vを給電し,アナログ部部の5Vと完全に分離しました。

これで,PCM1795に近づかれたのを,および 引き離すことができました。音質的に明瞭で静かになるとともに,奥行きが広がりました。 もちろん,DSD1792の方はトランスIVであることが,最も大きな音質の違いの要因ではあると思いますが。

それから,DSD1792の基板と制御基板を接続するケーブルにつて,付属のケーブルをそのまま用いていたところについては,改めて適切な長さに切り 捩りました。 また,短距離だから良いと思って平行のまま配線したケーブルを, 改めて作り直しこちらも 捩りました。XMOS と 制御基板間のケーブルも,短くして 捩りました。

その結果,まれに DSDからDSDの曲間にPCMに戻って,再生できなくなる現象がなくなりました。ケーブルによって 安定性が損なわれることが,改めてわかりましたが,このことも音質にかかわっているような気がします。

ところで,電源についてですが,シャントレギュレーターについては,「青木式」が以前から有名で 「通電してみんべ」でも多用しています。 私もこれまでは使ったことがなかったのですが,今回は三端子レギュレーターよりは良くて,シンプルなもの,ということで作ってみましたが, 確かに電気の無駄使 いですね。 しかし,作ってから改めて調べてみると,ツェナーより雑音が多い,という記事 があり 気にはなっているのですが,間違いなく 三端子よりは音が良いのと,雑音についても耳では分からないので,良しとしました。

TPS7A470は使おうと思ったのですが, 4〜6個必要なので,コストが大きくなり ます。 ノイズは少ないのでしょうが,音は良いと言われたり,良くないと言われたりな ので, 無理して使わなくても良いかなと思いました。

ヘッドホンアンプは,今はLH0032によるものを使っていますが,電流帰還オペアンプの音もぜひ聞いてみたいと思っています。



PCM1791基板を使用した USB BUSパワーで動くDSD対応の DACヘッドフォンアンプの 作例を送って頂きました。


USBから 電源をとれれば、非常にシンプルにまとまりますので とても 参考になる 作例かと思います。


また、演奏会でDSD生撮り(生録)した 音源も紹介頂きました。 貴重な音源ですが、皆様にも 公開しても良いとの許諾を 得ておりますので 是非ダウンロードして お確かめ下さい。


 DSD音源は

  こちら です



DSDファイルはサイズが大きいのでダウンロード完了には多少時間がかかります。

( 第9の 4楽章は2.1GB ぐらいあります)













第二弾のご報告を頂きました。 


今回は、DSD1792版です。 かなり、DAC に造詣が深い様子が、パーツ選びや 作り込みに うかがわれます。




★ aitendo、当方も注目してます。 在庫が少なかったりするので キット等で使用するのは躊躇しますが 実験用部材等では面白い調達先です。





貴重なハイレゾ音源の ライブラリを 更に充実して公開頂き、ありがとうございます。 皆さんも 是非、ダウンロード ・ ご試聴ください。 





第三段。

PCM1795版をNetowaork Audio Playerに仕立てたバージョンをご報告頂きました。

Beagle Bone Black + XMOSのDDSと組み合わせ、作り込んでいます。 

MPDには速度の点で、lightmpdにしたとのこと等、 超小型Linx基板を用いた作例としてとても 参考になりますす。


ありがとうございました。


MKM様 より
更なるレベルアップのご報告を頂きましたのでご紹介します
- - - - - - - - - - - - -

  DSD1792のDAC機に内蔵したDDCを DIYINHKのXMOS使用のものに変え,APU1D4とlightmpdを用いてNative DSDで 再生可能になりました。

写真を添付しましたが,これまで用いていたHTPCさんのXMOS基板に比べ,とても小さいのと,新たに3.3Vの電源が必要になるので,基板を一枚加えて,ネジ位置を合わせ,三端子レギュレーターも載せました。

その結果は,DDCの違いというよりは,DoPからNative DSDになったことによる違いが大きいと思われますが,一段と奥行きが増し,繊細さと豊かさの両立する音にな りました。

さらに,これまでDSDは5.6Mhzまでだったのが,11.2Mhzも問題なく再生すること が出来ました。 また,これまでPCM/DSDの自動切り替えに失敗することがありましたが,今度は 完璧です。

mi-takeさんのXMOS系DDCに関する記事がとても参考になりました。 ありがとうございました。





次にBBBを内蔵した,一体型の「ネットワーク・オーディオ・プレイヤー」ですが, DDCと内部でUSB接続をしているのですが,BBBのGPIOを用いて,DACとI2S接続が 出来るブリッジ基板がLINUXCOMさんから出ていることを知り,それを使ってみる ことに しました。

このブリッジ基板はクロックを2つ搭載しており,44.1Khz系と48Khz系のクロッ クを自動 切り替えするという優れものです。

同じくLINUXCOMさんからは,PCM5102を用いたDACも出ているのですが,私はDSDを 再生したいので,mi-takeさんのDACに接続することを考えました。

ソフトはBotic Linux Driverを用いました。Driverとなっていますが,普通に mpdとして動作します。 ブリッジ基板とBoticの組み合わせでは,PCM/DSD切り替え信号のLow/Highが逆なので インバーターを入れてDAC側と接続しました。

あとは,Botic側の設定でいろいろとつまずいたことがありましたが,LINUXCOM さんからの アドバイスもあり,再生に漕ぎ着けることが出来ました。 こちらもDSDの11.2Mhzまで綺麗に再生できます。PCM/DSDの自動切り替えも完璧 です。

音質的にはXMOSのUSB接続のときに比べて,こちらもDoPからNative DSDになった ことも あり,滑らかで奥行きが増しました。



結局
1 APU1D4+lightmpd-USBDDC-DSD1792(トランスI/V)
2 BBB+Botic-I2S/DSDブリッジ基板-PCM1795(オペアンプI/V)

の2つを比較するとI/VやDACチップ,MPDの違いが大きいと思いますが, 1は奥行きや滑らかさで優り,2は力強さと躍動感で勝ると感じました。 もし,2がPCM1792であれば,2が圧倒するような気がします。

どちらも甲乙つけがたいのですが,2のコストパフォーマンスは非常に大きいです。 また音質向上のためにいろいろと頑張ってみたいと思います。


追伸
BBBのI2S接続は,一部のマニアが数年前から試しているようですが,一部の超マ ニアは ES9018Sに挑戦しているようですが,ほとんどはPCM5102かES9023あたりで 満足しているようです。 私も試してみましたが,PCM5102やES9023とDSD1792,PCM1795では大きな違いが あります。 mi-takeさんのDACをBBBとI2S接続をすれば,素晴らしい結果が得られますが,ほ とんどその 情報がありません。ぜひともmi-takeさんにも実験していただければ,と思います。


 
着実に改良が進んでます。

各パーツをきっちりと使い込んでいく様子に感心しきりです。


また、BBBを使ったNetwork Audio Player の紹介も頂いています。 

当方がRaspberryを見捨てずに (一回あきらめかけましたが) なんとか続けているのも MKMさん始めとする皆様からの情報・励ましによるものと思ってます。 今後とも 宜しくお願い致します。



 * 掲載が遅れまして申し訳ございませんでした。






DSD 生録音源を 公開頂いてます。


 こちら です


なお、上記ページの最下端に、マーラーの第九 及び ミサ・ソレムニス の生録ファイルへのリンクがありますので お見落とし無きよう。
 TMR様

トランスIVの
制作例

 20



 「CS8416+PCM1794」基板を使ったDACがようやく完成しましたので
ご報告致します。

貴ホームページにあるトランスIV変換の解説を参考に、
タムラのトランスTpB-203で作りました。



抵抗値は1次側が470Ω、2次側が4.7KΩにしてあります。
ケースに小さなものを選んでしまったため、
組込みに苦労することになりました(後パネルはいちど作り直し)

電源には古いトランス式のACアダプタを使用しています。
トランスIV変換の場合+5V電源だけで動作するため、
電源部が簡単になるのがメリットのひとつでしょうか。



次は「PCM1792W」の予定ですが、この調子だといつになることやら・・。



<追伸>
「エレキ工房」No.4、購入しました。



小型でシンプルに仕上がっており使いやすそうですね。


電源が +5V単一で 動作OKなのは、とても メリットが大きい思います。



ぜひ 次は、Combo384版に トライ下さい。



ありがとうございました。

  MSI様

ツイン・モノ
トランスIV DAC の制作例


PCM1794W
+ LL1538

 
21

DAC基板、本日完成致しました。

午後に組み上げ完了し、電圧チェック後音出しをしました。
その後エージングを兼ねて先ほどまで 数時間 FMを鳴らしていますが
面白い事に時間が過ぎるにつれ 音の出かたが どんどん
変わっていくのですね。 真空管と同じと感じました。

IV変換は トランスとして、LL1538を使いましたが 本当によいと思います。
当分は このままで聞いてみます。


上段が DACです。
下段は組み合わせている FM受信機(FPGA)です。

DAC/リアパネル側



外部クロックとしました、そのため 3.3v電源を 5vから作っています。
電源にはFMビーズをかませています。ノイズは一切出ておりません。



配置をもうちょっと工夫すべきだったかな ・ ・ ・ ? と 反省です


 


PCM1794モノラルをパラ接続して ルンダールの LL1538で  IV変換したとのことですが、しっかりと ツボを押さえた構成は お見事です。


フルデジタル FMチュナーと 組み合わせておられるとのことですが、FM 高周波技術が FPGA/いわゆる デジタル・ロジックで カバーされる時代なんですね〜



デジタル ⇒ アナログ変換の IV部に トランスが使われてる事になにか、ホッ とします。

   YZW様

PCM1792
+ 新・制御基板
+ PGA2320EVR


 
22
 
週末にこつこつと組み立て、ようやく完成しました。

無印良品のアクリルフォトフレームと、東急ハンズで買った、
5cm幅のアクリル板を使いました。切って、接着しただけ
ですが。ハイレゾな曲をまだもっていないので、
音が出るとこまで確認しました。

PS:

無事PCM/DSDともに音が出るようになりました。
次は、Raspbery piを使ってNASを構築しようかと。
そのあとくらいにRaspbery piと今回作成したDACを
つなげようかと、情報収集中です。


 
アクリル版 工作のコツ


 無印良品のフォトフレームに5cm幅のアクリル板を切って貼り付けしてます。 まとまっていませんが、書いてみました。 

まず、設計ですが 以下のCADで図面を書きました。

株式会社ルートプロ RootPro CAD Free版
http://www.rootprocad.com/

設計後、図面を印刷します。 その時、「倍率100%」に設定して印刷します。 印刷する用紙は、普通用紙(なるべく薄いもの)に印刷します。 つぎに印刷した図面を、アクリル板に貼り付けます。 貼り付ける糊は、以下のものを使いました。

株式会社トンボ鉛筆 シワなしピット
http://www.tombow.com/products/shiwanashi_pit/

印刷面に糊をつけてアクリル板に、シワにならないよう貼り付けます。
しばらくしてから、裏から見える図面をもとにセンターポンチと、普通のカッターを使ってアクリル板に切断するしるしをつけていきます。 もし、四角い穴をあける場合は、四隅の内側にドリルで穴をあけて裏にも カッターで線を引いておきます。 しるしは、図面で引いた線の真ん中が必要な長さなので、カッターやノコギリの歯の厚さを考慮してください。

アクリル板専用のカッターを使って、しるしをつけた線になんどもカッターを引いて切断していきます。 このとき、勢いよく引いてしまうと、必要以上に切ってしまうので、差し金を使って必要以上に切らないよう、土手として使います。 あと、差し金はセロハンテープなどで アクリル板に止めておくと、ずれずに済みます。

四角い穴は、両面、専用カッターで線を引いて切断します。 (穴は少し小さめにして、やすりで調整するほうがきれいかもしれません)

5cm幅のアクリル板のように、直線切りは、アクリル版用のカッターを使わずに、
薄い歯ののこぎりを使います。 私は、「ピラニア鋸」 を使っています。
切断した面に オリーブオイルを垂らしておくと、滑りがよくきれいに切れます。

切断面はヤスリと、目の細かい耐水ペーパーで磨いておきます。

ドリルでの穴あけは、いらない木の板の上に乗せて、密着させます。 ドリルで穴あけをする時は、密着した木の板が削れるまで穴あけを続けます。 そうすると、穴にバリや欠けがない穴が開けられます。

最後にアクリル板の接着ですが、はたがねを使ってアクリル板を固定します。
接着には アクリル用接着剤を注射器に入れて使います。 固定したアクリル板を傾斜をつけて手で持ち、上のほうから接着剤を流します。 下までいかない時は、不足したところから、接着剤を入れます。 接着剤の説明書には、注射器を手前に引きながら接着剤入れていくとあるのですが 量の加減が難しいので、重力にまかせました。

長々と書きましたが、あくまでもアクリル加工初心者ですので、もっといい方法があるかもしれませんが、ご参考まで。

 

完成品レポートありがとうございます。

中身の見えるアクリルケース 良いですね。


切断面や接着部がうまく処理されているのでまるで 出来合のケースの様です。






なにかコツのようなものがあるのでしょうか ?  工作のコツなども レポート頂けると嬉しいです、、、 

とのリクエストに お応え頂き、ノウハウを公開頂きました。  


なにかと 参考になりそうなテクニックが満載です。



HNM様より

第3弾 !

COMBO384
+PCM1792




 

23 

ケースが手持ちの余りで電源トランスを基板に乗せると
収まらなかったので
裸体で 7mm浮かせて配線しました。





ソフトの設定も終わりDSDまで再生確認できました。
LCDパネルが収まりませんでしたので小型の物に変えて
今後このケースに収める予定です。

このまましばらく使いケースを変えて次は
基板増設モノラル化にしたいと思います。

毎度お世話になっております。


トランス基板大きすぎましたか。 

なにやら、うまく収めたようで感心致しました。

また、各種ケーブル類は都合に合わせて作り直され綺麗に処理されているのでケース内がすっきり見えます。


LCDは、itendoの小型のものが使えるとの情報を頂いてます
(当方はまだ未確認ですが)




是非、モノラル拡張チャレンジ下さい。








  追記 : 改良 しました!

更にと言うか抜けの良いクリアーな音になったのでご報告です。
雑誌ステレオ誌の付録USBノイズフィルターの使い道が無く物は試しと
外部電源で接続したら抜けの良い音になりましたので何とかケース内に
組み込みました。USBノイズフィルターとCOMBO384にも実質5V供給
になるので電源部の5Vの供給が厳しいようなので外部5V供給としました。
本当はケース内に5V電源も入れたかったのですがさすがにこれ以上は
厳しい!丁度良いスペースには秋月電子の超低電圧基板を電源
フィルター代わりに付けました、







USBフィルターとCOMBO384の接続はコネクタケーブルは無理なので最短で
直結COMBO384は縦置きとして収めました、平面いっぱいのスペースですが
縦置きでモノラル化このまま出来そうです。が音が良いのでしばらくこのまま
楽しませていただきます。ハイレゾ音源がたまってきたらモノラル化したいと
思います。



改造のご連絡ありがとうございました。

ノイズフィルター追加で「効果有り」とのこと、情報ありがとうございます。


たしか、ステレオ誌の1月号は買ってあったともいますが、まだ使ってみてなかったです。



ありがとうございました。



PS:
ACインレット・フィルターも追加してのレイアウト変更。 うまいこと処理されたようで関心させられます。







HNM様のブログ は
   こちら  です。
  YMT様より


COMBO384
+ PCM195W パラ
 


24

 BurrBrown 32bit DAC 極める

PCM1795W x 2 PCM1795 4個使い




PCM1795W×2DACの写真を撮影しましたので参考にお使いいただけたら幸いです。
(見苦しい配線で申し訳ありません、修正する予定ですが)




 PCM1795W×2DACの写真を撮影しましたので参考にお使いいただけたら幸いです。
(見苦しい配線で申し訳ありません、修正する予定ですが)

 基本構成:PCM1795差動構成(CADの配置図を参照)
 付属構成:ノイズ対策 ACインレット Prost`sさん作製
   Filter基板140umRev2.0フルセットASCスベシャル
   ノイズ対策 USB入力 PC→BusPower-Pro→Combo384
 ※ノイズ対策は初期に音量を下げても(上げても変わりませんでした)
   低周波ノイズが発生した為に設置しましたが低減はできましたが、
   完全除去には至りませんでした 基本的な原因はPC(i7-3770自作デスクトップ)
   のコンセントを共有していた為でした。PC電源ノイズ恐るべき!
   保険の為、現在も使用中です
 ケース:タカチケース HY 88-28-23


ケース内 1層



ケース内 2層



フロントパネル レイアウ



基板レイアウ



基板レイアウト 詳細  (クリックで拡大)





稼働 イメージ


パワーアンプ : h-FUJIWARA氏お気楽でないPA  (段ボール箱で稼働中)
スピーカー : ONKYO D-152E


システム 全景


いつも、素晴らしい製品をご提供いただき、ありがとうございます。
改良点など有りましたらご教授の程お願いいたします。



 
凄い物量に圧倒されます。 CADソフトを使って、事前にレイアウト検討しケースに収められたようですが苦労がしのばれます。


詳細な お写真やCAD画面等 頂きましたので、ケーシングする際のレイアウト参考になります。




ありがとうございました。
 
OTA様より


DIX9211
+PCM1792版




ATAPI CDP

 


25
 
ATAPIコントローラーは、ジャンクのCDプレーヤーを早速改造して、
楽しんでいますが、DAコンバーターのほうは
ケースがなかなか決まらず、ケースを決めたら今度はレイアウトに悩み、
お譲りいただいてから半年近くかかってしまいました。
ようやく、完成の日の目を見て、音だしを始めて、2週間となります。
表示部分は、青地・白抜き文字に変えてみました。





驚きました。
音の広がり、透明感、・・・。
言うことありません。

どのCDを聞いても、新鮮に聞こえます。
市販のDAコンバーターと比べても、全く遜色ありません。






こうなると欲が出てきます。
現状、SACDの出力はそのまま取り出すことはできませんが、
PCからなら、ハイレゾ音源が ・ ・ ・
最初から、USB入力を考えておけばよかったです


Webページを見ると、同じような方がいらっしゃるようなのですが、
combo384を使う場合、wm8804基板を追加することで
可能なようなので 基板追加でトライしてみる予定です。



-------- PS: --------
文字入れは、オフセットではございません。
「エーワンの転写シール」(=タトゥシール?)で転写し、
車用のクリアースプレーで 固定しています。


アルミでも、サンドブラスト加工してあるものは、
転写シール+スプレーで、 シールとの境目が
ほとんどわからなくなります。







フロントパネルの文字入れは、自家処理とのことですが、うまく作り込まれてますので、一段と見栄えしていいですね。



COMBO384追加ご検討とのこと、ですが

 あとから あとから、こうすれば良かった、とか、ああしとけば良かった、等々 果てしなき道がこの先も続きます ・ ・ ・ ・ ・


「現在過去未来 ・ ・ ・ 〜 ・ ・ ・ 迷い道くねくね / 渡辺真知子

 まさに Audio道は 迷い道くねくねぇ 〜


ご健闘あらんことを!




改造完成の暁には、追加レポート期待してます。


 
OHR様より

PCM1795Wx2


 

26

DAC1号機(シルバー) と 2号機(ブラック) の作成 
 
WM8804/DAI付制御基板とPCM1795 x2基板 + IV基板セットを購入し DAC1号機(シルバー)を作成し、 半年後に WM8804/DAI付制御基板 と PCM1795 x2基板 x2 +IV基板セットx2で 2倍 2倍の DAC2号機(ブラック)を 作成しました。


   ・シルバー & ブラック (1号機/右 と 2号機/左 )
 


今回 写真も含め 報告させていただきます。

最初に作ったDACで充分満足のいくものでしたが、mi-takeのホームページで トランス式IVを使った IV変換回路の記事を読み、シルバーで試した所出力レベルが低く(記事にも記載ありましたが)ものたりなく、もとの IV基板に戻しました。

ケースは、シルバーは 共立エレショップの訳ありアルミケースを使いました。
フロントとリアパネルは 共立のADCクラフトケースからの流用 (以前、共立のキットを使いDACを作ろうとして失敗したときの残骸) です。
共立のこのアルミケースは訳ありといいながら、組みあがると けっこう剛性もあり、鳴きも少なくいろいろと重宝しています。


   ・シルバーバージョン
 

そこで、PCM1795 x2基板の2倍2倍で、トランス式IVを使えば ある程度の出力レベルが得られるのではと考え、さらに使用しているアンプにバランス入力があるので、IV基板の出力をそのままバランス出力として使う、2系統の出力のDACを作成しました。


   ・ブラックバージョン
 

 

ブラックの方は、タカチの CH8-43-23BBP を使いました。
搭載する基板の数が多く 空ける穴も多いので ケース加工も含めて依頼しました。 電源を2系統載せたので どうしてもサイズが大きくなり 共立のケースが使えず残念でした。 このタカチの CH8-*** のケースは、剛性が低く鳴きも大きく思えます。 そこで 天板に制振ゴムシートを貼りました。


USB-DDCは、シルバーでは、Amaneroを使い、ブラックでは、DIYINHKの Isolated XMOS DSD DXD 384kHzを使って見ました。 PCMの音源では、音質の差は判りませんでした。 どちらも良いです。使い勝手はDIYINHKの場合、アイソレータ用の3.3vが入らないと、PC側で認識しないので いろいろと使い勝手が悪いのが難点です。 Amaneroの場合、DACの電源のON/OFFに関わらず認識されるので起動順序を意識しないですみます。

再生PCおよびソフトは raspberry pi 2 + Volumio ですが、DSDの場合、Amaneroでは mpdおよび関連のライブラリのバージョンを最新にしても ノイズがでてしまいます。 DIYINHKではそのノイズがでません。 良かった、良かったといきたいところですが、mi-takeさんのDAIでは、DIYINHKとの組み合わせの場合、L-Rチャンネルが逆になってしまいます。 もっとも、DSDの音源をたくさん持っているわけでもなし、いざとなれば、DSDを聴くときだけケーブルをL-R入れ替えれば良いので問題無しです。 ノイズの発生は、アイソレータの有り無しかと思っています。

ブラックを組み上げた結果ですが、バランス出力に関しては 全く問題ありません。
トランス式IVは、バランス出力用IV変換基板を並列につなぐと、その影響か濁ったような音になってしまいます。 IV変換基板をはずすと問題なく 2倍2倍の効果がでて出力レベルも十分です。トランス式IVは、オペアンプのIV変換基板と併用させるのは無理な様です。

以上により、シルバー、ブラックそれぞれ改造することにしました。ブラックでは、トランス式回路をはずし、ICの平衡-不平衡基板に換えてバランス出力、アンバランス出力の2系統出力DACとする。(改造済み)シルバーでは、PCM1795 x2基板2枚構成としIV変換基板からトランス式IVに変更、さらにAmaneroとDAIの間にアイソレータを入れるという改造を行う予定です。



 

お写真ありがとうございました。 添付の圧縮ファイルが UNIX系 ・ ・ ・ 成る程、と思った次第。

当方 Linuxは挫折の連続で 手に余って投げ出し状態です。


さてさて:
PCM1795W版DACの大作 2例の ご紹介 ありがとうございます。 

共立の訳ありケース コスパ良さそうですね。 今度何かのついでに買ってみましょう。


DIYINHKの L/R 逆の件、情報ありがとうございます。 当方ではDINKYの出番が殆ど無い (動作確認用) 状態ですので 少しの音だしで 終わらせています。  時間が取れた時にでも 確認してみます。


更なる改造計画をお持ちとの事、 改造後のご感想などまたお寄せいただければ嬉しいです。

 

Iridium17 様
より


PCM1794
 

27

 
 New !!


 PCM1794Aバランス出力型DAC


2年越しの製作となりましたが、ようやく完成しましたので報告させて頂きます。




インターフェースは CS8416のDAI基板と Combo384、DACはPCM1794Aですが IV変換部分は別基板で自作しました。 電子ボリュームには PGA2320のマスター/スレーブ基板を使って バランス出力にしています。 赤外線センサーをフロントパネルまで延長しましたので リモコンで音量調整もできます。 ただ、トイレのリモコンにも反応するのには笑ってしまいました。 ケースは ebayで購入しました。 フロントパネルの厚みが 8mmもある立派なものですが 格安で入手できました。




IV変換回路は少し古いバーブラウンのテクニカルノートを参考にしてトランスインピーダンスアンプにOPA627APを使用し、カットオフを2MHzと高く設定しました。 ポストLPFは OPA2604による 2次の多重帰還型で、カットオフは 90kHzです。 拙宅はバランス構成のため差動合成はしていません。そのため カップリングコンデンサ(ASC X335)で DCをカットしてから PGA2320に供給しています。 アナログ部の電源は 誤差アンプに LME49720、電圧リファレンスにADR443を使ったオリジナル設計です。





音質は素晴らしい! のひとことで、音の分離、透明感、申し分ありません。 市販の高級DACにも 負ける気がしません。





とても使い勝手の良い基板を開発していただき、ありがとうございます。 ひとつリクエストするとすれば、PCM1794AのVCCとVDDを別々のコネクタで供給すると さらに良いと思います。





 


Iridium17 様 ありがとうございました。

素晴らしい出来映えに 驚いています。


しばし、余韻を お楽しみ下さい。
   
< goto TOP

 
番外編


番外編


Mik.T 様より

アナログSW基板を
「アマチュア無線用マイク/リグ切換機」
に応用した例です


1


おかげさまで、
「アマチュア無線用マイク/リグ切換機」 が 完成しました。

(リグ:無線機器のことです)




フォトMOSリレーによる 切換もうまく動作しています。

マイク5本のうち 1本を選択 、 リグ5台のうち 1台を選択
選択したリグに、スピーカー、送受切換スイッチ、選択したマイクが接続される。

意図したとおり動いています。








<参考情報>                  
OMRON 【B3J-4000】 タクティルスイッチ
マルツパーツ 扱い。     @143

パネルに ビスを出さないように、写真にあるとおり 基板につけて それをシャーシに取り付けて パネル裏からあてがう形に しました。 位置あわせに気を使いましたが 工作はスムーズでした。




北海道のMik.Tさん より アナログSW基板を 2枚 使った

「アマチュア無線用 マイク / リグ切換機」
(5入力選択 ⇔ 5出力選択) に 応用した例を 送って頂きました。


使用している ICのラッチ表示回路出力等も利用したとの事で、 想定外の応用となっています。

アマチュア無線家の方は、 「タカチのケースに納めて完成」 というほど  ケース加工が 得意な方が多いのですが、Mik_Tさんも ご多分にもれず、 シャーシ構成やパネル周り等、うまく 作り込んでます。


基板は、原型を とどめない程の 改造・応用例ですが 経験豊富な マニアの方ならではの楽しみ方に 脱帽です。






タクトSWの使い方は、ATAPIコントローラをケースに入れる際の SWとして大いに 参考になります。



ありがとうございました。





お断り
アナログSW基板はおかげさまで販売終了いたしました。







































appleマーク の Display が ご愛敬
 SBT様より

本格派 
VUメーター


の作例を
ご紹介頂きました。
最近ブーム
なのかも


 

2

各種基板をご提供いただいた VU メータ製作ですが、
本日めでたく最初の 1台が完成いたしました。
 
(注)メータは純正の Sifam AL39 です。




メータを eBay オークションで手に入れてから何と丸4か月かかりました。
安く手に入ったと喜んでいたのですが、筐体構造と仕上げに凝ったためハ
コがかなり高価なものになってしまいました。



最も時間が掛かったのがバックライトです。試行錯誤の末に写真にあると
おりアンバーとオレンジの LED を 20 個ずつ使って 各々を背面のツマミ
で輝度調整できるようにしました。輝度ムラもなくほぼ完璧に仕上がりま
した。が、単なる自己満足です。


前置きが長くなりましたが、ご提供いただいた基板はまったく問題なく動
作しております。ただし「不平衡入力ラインアンプ(NE5534)」は一部を改
造させていただきました。メータが振りきれない程度に目一杯振れること、
およびメータの誤差(バラツキ)補正のため利得可変にしました。





仲間に見てもらったところプロ並みだと(笑)。これも貴殿の基板のお陰と
感謝しております。ありがとうございました。



---- 補足 -----

世の中に VU メータは数多あるのですが、どれも照明がイマイチですの
で、今回はパーフェクトを狙おうかと…(笑)。

当初は自動車用の テープ LED を試してみたのですが、あまりにも劣悪
な品質でしたのでギブアップ。LED パラダイスが販売している 10 連の
チップ LED 用 基板が見つかりましたので、最終的にこれを使いました。

LED の取り付け密度が粗いと輝度ムラが生じる、ある程度距離を離した
方が綺麗に光る、等々がわかったのですが、次の問題が発光色。好みの
色合いで光るものがないために、アンバーとオレンジの2色混合を思い
つきました。

さらなる問題が反射板(ハウジング)でして、ボール紙で何度も試作し、
最終的な形状に落ち着きました。単純な形状ですが、ほどんど全光束が
メータ背面を照射しています。アルミ押出材の最適形状品がなかったた
めに図面を引いて発注した板金(白色アルマイト仕上げ)です。

消費電流は輝度最大で 100mA 通常は 50mA 前後です(LED 40 個のトー
タル、電源は +5V です)。 仕事ですとこういう非効率かつコストのか
かる方法は即時却下なのですが、趣味ですのでまあいいかと…(笑)。

 

リスニングルームの雰囲気にあった造りにすると 「こうなる」 という見本のような仕上がりです。



バックライト 驚きですね。 片ch当たり 20個のLEDですか。 アルミのチャネル材?にうまくおさめてますので、メーカーが金型起こして作ったような造りで感服です。


 
DAC + Line AMPの構成で 基板を使用頂いてますが、 VUメーターもデジタル入力の時代なんですね〜




- - - - -
補足説明を頂きました
- - - - -

なんと、LEDのレフ板はプロの お仕事とのこと、 う〜むそこまでやるか。


 脱帽です


 暇 話
脱帽と言えば思い出す

 ◆ ワニも笑う ・ ・
   

バンザイおじさんと笑っているワニ。 なぜ笑うワニだったのかは置いといて、とても印象の強いマークでした  ・ ・ ・
SJ誌より





< goto TOP >



Home に < 戻る >




(c)2010-2017 mi-take